真面目な不良、不真面目な不良

こんばんは。大宮です。
先日、久しぶりに「すごく苦手なタイプの不真面目男」に出会ってしまいました。
このままで若き日のダースベーダーみたいに暗黒面に墜ちそうなので、この場で発散させてくださいね。
ただでさえジメジメした週末なのにすみません。気分が優れない方は読まないでください。

その男性は、早稲田大学商学部在籍中の自称「元ヤンキー」です。
とにかく声がでかくて、学歴話(商学部は政経学部にかなわない、とか)もしくは武勇伝(授業をサボりすぎて留年しそう、とか)ばかり話して、他人の話はあまり聞かず(この点は僕と似ている)、アウトローを気取っている割にはちゃっかり大企業への就職を狙っています。
偏差値上位大学の体育会に多いタイプの豪快くん。酒席ではさらに声がでかくなり、すぐに「一気」を始めます。
5年後には、電通か伊藤忠かアサヒビールあたりで営業マンとして働いていて、「俺たちは知的体育会系(by楽天の三木谷氏)だから!」みたいなセリフを吐くんだろうな…。
暑苦しい。本当に暑苦しいよ。
そういうバカ騒ぎ&武勇伝は、どこかのキャバクラでやってくれよ。同類どもと一緒に!!

……すみません。
10歳も年下の相手になんでこんなに嫌悪感が出てくるのでしょうか。
中学・高校時代に味わった「スポーツができるチョイ不良が女子にモテモテ」な状況がトラウマになっているのかもしれません。

でも、決してそれだけが理由ではありません。
彼らの「中途半端な不真面目さ」と「こズルさ」が嫌なのです。
出版業界でも、「昔はけっこうワルだった」とか「暴走族の構成員だった」みたいな不良自慢をするアホがたまにいますが、そういう人に言いたい。暴れるなら、いま暴れてみろと。

世間体や権力に「否」を唱えるのが不良の定義であるならば、ぬくぬくと日和見会社員をやりながら無難な仕事をこなしているお前に、不良を名乗る資格はない。中途半端なヤローめ! 上司から徹底的に嫌われるような斬新な企画を出して実行してみろ!
ツルんでいじめることしか能がないバカ中学生と同じように、場の空気を読んで、常に安全圏に身を置きながら相対的弱者を貶めることしかできないお前。で、ちゃっかり出世していく。こズルさだけで世渡っていく人生。どんなに経済的に成功しても無意味なんだよ!

僕の友人に、10年間近く司法試験(ロースクールではなく旧司法試験です)を受験し続け、昨年ようやく合格した男がいます。刑事弁護を専門にしたいという志を立て、髪の毛が抜け落ちて言語障害になりかけるまで孤独な勉強を続けた男です。
世間的に見れば、明らかに「やめたほうがいい」「経済的に報われない道」ですよね。
でも、彼は苦悩しながらも志を曲げず、自分の道を貫こうとしていています。
来年からの弁護士活動でも、不器用ながらも不屈の闘志で世間や検察権力と向き合っていくことでしょう。
こういう真面目すぎる人間こそが、本当にカッコイイ「不良」と言えるのではないでしょうか。

群れることしか知らない不真面目な不良はおそらく永遠に苦手です。
真面目さを貫く孤高の不良と、たまには飲み交わしたいと思います。
by jikkenkun2006 | 2009-07-24 18:43 | 週末コラム | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/11591759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 通りすがり at 2009-07-25 04:22 x
あなた一橋大卒ですよね。尊い税金で勉強させてもらっておいて、たった一年で会社を逃げ出し、年金も払わずに(それこそ「武勇伝」のように日経BPの連載で書いていましたよね)、いい年して結婚もせず、少子化を推し進めているお気楽なフリー(ライ)ターよりは、私費で大学を出てサラリーマンやっている人のほうが、はるかに国益になっていると思いますよ。自分が社会の寄生虫であることを自覚していれば、こんなご高説は垂れられないはずだけどなあ。
Commented by 花の四十代 at 2009-07-25 23:11 x
うーん、私も不良自慢は勘弁ですねえ。まあ、学生なら大目に見てやってもよろしいのではないんでしょうか。私も学生時代に恥ずかしい思い出が多いですし。でもサラリーマン以外は国賊という視点も勘弁。息が詰まりますね。大宮さんはうちの職場の若手に雰囲気が似ているので個人的に応援してます。ちなみにポテトサラダは辛子がチョイと効いてるのが好きです。
Commented by maruyo at 2009-07-25 23:44 x
大宮さんのそういうゆがんだところ好きです。ロスジェネもゆがんでいるのは自分だけじゃないんだなあ、ってのが感じられるのが気に入っていた理由かも。
大宮さんとはいつか飲み交わしてみたいな。
Commented by jikkenkun2006 at 2009-07-26 00:37
>花の四十代さん
バランスの良いコメントありがとうございます。そうですね。確かに、僕も学生時代は彼よりももっと生意気で世間知らずな発言をしていた気がします。もっと大人にならなくちゃ…。

>maruyoさん
コメントありがとうございます。共感していただきうれしいです。ダークフォースが惹かれ合ったのでしょうか?

Commented by magma at 2009-07-27 18:41 x
大宮さん、同じ社会のマイノリティとして、大宮さんのこういうギリギリな日記は好きです。笑
でも、大宮さんみたく、受け入れられないことに「No」と言える人は、ある意味、社会の強者。集団に従属することで自分の居場所を得て、長いものに巻かれないと生きれない人達は弱者だと思う。
そう考えると、この大学生の彼は弱者なんだから、許してあげてね。
Commented by jikkenkun2006 at 2009-07-28 00:46
>magmaさん
鋭いコメントをありがとうございます。僕は、いろんな意味で声がでかい人に脅威を覚えてしまうんです。で、不必要に攻撃的になってしまいます。お互い「弱者」だと思えば、許せるかもしれませんね。


<< ポテトサラダを作りました 納豆ごはんを食べました >>