人は変われる? 変われない?

こんばんは。大宮です。
蒸し暑い日が続きますね。寝るときにはクーラーを消したい(エコではなく体のために)けれど、窓を全開にしてもムワッとした空気が流れ込んで来るだけ。ごくたまに涼しい風が入ってきたりすると、自然の恵みに激しく感謝します。でも、そもそもこんなに暑くしてるのもお前だろ、自然。いい加減にしろ!

ええっと、八つ当たりをしてごめんなさい。
こういう自己中心的な逆ギレ性格って、40歳ぐらいになったら直るのでしょうか。
先日、作家の中村うさぎさんにインタビューをした際、「人は変われるのか?」という話になりました。
記事にも書きましたが、中村さんの答えは「性格は変わらない。私は昔から短気で協調性がなかった。51年生きてきても変わらない」とのことでした。

自分を振り返ってみると、例えば「心配性のくせにスタートが遅い」という性格はずっと直りません。
仕事(かつては受験勉強)が一つでも残っていると、特に平日の日中とかはすごくグダグダしてしまうんです。
午前中から仕事場に行って2時間ほど集中すれば終わる仕事が残っているとします。9時ごろに目覚めても、「あー、原稿に向き合いたくねー。書けないかも。怖いよー」と思いながら布団をかぶり、二度寝します。で、ようやく目覚めると『笑っていいとも』とか『つばさ』(NHKの連続ドラマ小説)が始まっています。軽い自己嫌悪を感じながら、昼ご飯をお腹一杯食べるとまた少し眠くなります。ゴロゴロしていると2時過ぎです。あうー、と言いながら重い腰を上げて着替えて仕事場に行きますが、おやつを食べたり週刊誌『SPA!』を読み返したりしながらグダグダして、ようやく原稿書きに集中するのは4時すぎ。7時ごろに終わったときに僕の胸に去来するのは、「俺、今日まともに活動したのは3時間弱だけじゃん」という哀しみです。その他の時間は、仕事するでもなく遊ぶわけでもない、中途半端なモヤモヤタイム。そして自宅に帰ると、今度は風呂にすぐ入るか否かで1時間以上ウダウダします。仕事も風呂も浸かってみると気持ちよかったりするんですけど、始めるのが億劫なんですよ……。

という性格も、死ぬまで直らないんですか?
嫌だなあ。人生の貴重な時間を大量に浪費している気がします。
ああ、けじめのあるエネルギッシュな人間に生まれ変わりたい!

ただし、中村さんの話には続きがありました(記事には書きませんでしたけど)。
「性格は変わらないけれど、価値観とか世界観は変わる。そういうものは『●●はこうでなくちゃ』という思い込みにすぎないことが多いから。普通に暮らしていても、思いもよらない妙な人に出会うことってあるよね。その人なりに生きていることがわかると、自分がこだわっていた価値観も相対的に見えて、『こうでなくちゃいけない』なんていう生活スタイルはないんだな、と気づいたりする。そういう意味では、私は若い頃からずいぶん変わったよ」

うーん、確かにそうですよね。
子どもは「一姫二太郎」が理想、女には母性愛がある、夫婦は一生添い遂げるべき、体育会系は無神経なアホ、男なら1000万円プレーヤーを目指せ、会社員より自営業者のほうがカッコいい、田舎は温かくて都会は寂しい、宗教は古臭くて怖い、六本木には拝金主義者、永田町と霞ヶ関には権力主義者ばかり……。すべて僕の勝手な思い込みです。
こういう「価値観」らしきもので自分を固めていれば、「こだわりを持った一筋縄ではいかない男」を演じられるし、苦手な人を避けて生きられるので楽なのですが、だんだんと自分の世界を狭めて息苦しくなってきます。

苦手な人とも面と向かう心構えがあれば、中村さんの言うように価値観や世界観は伸びやかに変わっていく予感がします。
もっともっといろんな人に会いに行こう。率直な気持ちをぶつけて相手の話も聞く対話の中から、時代と自分に必要な新しい価値観を見つけていこう。
こんなことを相変わらずのグダグダ性格で考えております。
by jikkenkun2006 | 2009-08-16 23:02 | 週末コラム | Trackback(1) | Comments(7)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/11746150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from impact disc at 2009-09-15 23:50
タイトル : 突っ込まれるインタビュー術
今日、部署の人たちと昼飯を食べながら、『徹子の部屋』にオノ・ヨーコは出演可能か?...... more
Commented by maruyo at 2009-08-18 20:36 x
中村さんの「価値観とか世界観は変わる」という意見には同感です。ただしそれには「変わろうとする意思」が必要だと思ってます。それがなければいろいろな経験をしても自分の偏見を強めるところだけに目を向けて狭い価値観にしがみつくいやーな老人になるのではとおもいます。
Commented by jikkenkun2006 at 2009-08-18 23:30
>maruyoさん
コメントありがとうございます。変わろうとする意思、確かに大切ですよね。では、その源泉になるものは何なのでしょうか。やっぱり性質? 考えを深めてみたいです。
Commented by のだいくこ at 2009-08-20 07:14 x
ご無沙汰しております。大宮さんの目覚ましいご活躍をうれしく拝見しています。
グダグダの仕方が私とあまりにも似通っていて、胸が張り裂けそうに(笑)。でも、大宮さんはまだマシですよ…。

価値観や世界観は確かに変わりますね。中村さんいいこと言うなぁ。私は愚者の典型で経験から学ぶ派なので、強烈な体験により変わったことが圧倒的に多い。例えば親しい人の死、友人や恋人の裏切り、それまでの価値観では付き合いのなかった人との出会い・つながり等々。人の話に耳を傾けはじめて自分の狭い世界観や価値観に気がつくこともありました。

記憶にある、意志が介在した瞬間は、「どうにかこの地獄から抜け出したい」と強烈に願うような、八方ふさがりな場面が多かったと思います。特に自己・他己責任問わずアイデンティティを脅かされた時。
私の場合です。ご参考まで。
Commented by akiumi at 2009-08-20 13:58 x
いつも楽しく読ませていただいてます。、初めてコメントしてしまいます。

自分の中の「変えたほうがいいんじゃないか?」な性格のうち、「変わったほうが自分が楽になること」と「変えないまま受け入れたほうが楽になれること」があると思います。
その見極めがだんだんできるんじゃないでしょうか。大宮さんのように自分を客観視できるかたなら。(ご自分で書いてらっしゃるとおり、思い込み強いですね・笑。)
人は、相当変われると思います。私はものすごい変わりました。すっごくいやな人間から、かなりいけてる人間になりました(爆笑)
私の場合は意志の力ではなく、ものすごい苦しい体験を通してでした。でもたぶん、以前から、変わりたい気持ちは無意識にあったのだろうと思います。
変わりたい気持ちが強ければ、変わらざるを得ない出来事に遭遇するかも・・・・
のだいくこ さんに強く同感です。
Commented by jikkenkun2006 at 2009-08-21 01:44
>のだいくこさん
コメントありがとうございます。価値観が揺さぶられるような強烈な体験をするには、やっぱり行動が必要なのかもしれないと感じました。

>akiumiさん
どんな変化をしたのか、とても気になるところです。機会があればインタビュー取材をしたくなりました。
Commented by haru at 2009-10-04 09:38 x
はじめまして。haruと申します。千代田区在住です。
ボクはずっと「変わらなきゃ、変わらなきゃ」と思いながらも、
「自分にこんなことはできない」と思い込み、
失敗するどころか、挑戦せず、逃げてきました。
そしてどんどん内向的になっていきました。

しかし実はこの半年で少しずつ意識が変わっていき、
自分から人に話しかけたり、今まで敬遠していた場所に行ってみたりということができるようになりました。
失敗してもまた「やるぞ」というと考えることができるような精神的なエネルギー(というんでしょうか?)も回復してきました。
今はいろいろな人と会話をしたいと思っています。
Commented by jikkenkun2006 at 2009-10-04 19:52
>haruさん
コメントありがとうございます。そういう「変化」もあるんですね。がんばってください。


<< しろみくりの煮物を作りました たまねぎと牛肉の甘辛炒めを作りました >>