「プロジェクトチーム」を自作する

こんばんは。大宮です。
大晦日なので、週末ではなく年末コラムを書きたいと思います。
来年の目標、という相変わらずの極私的テーマですが…。

最近、「他人と力を合わせる」っていいなあと感じています。
当たり前のことですが、この現代社会が存在しているのも人間が協力をできる動物だからですよね。虎が進化しても「すごく強い個虎がゴロゴロ」という状況にしかならないはずです。

僕はフリーライターなので「俺は虎だ。サルどもとは違う!」などと強がることもありますが、まとめ役の編集者がいなくては仕事ができません。で、その編集者が所属する出版社から報酬をもらって暮らしています。虎というより鵜(う)ですね…。

編集者と一緒に企画を作って実現するのも楽しいのですが、編集者はパートナーであると同時にお客さんでもあるので、まったく対等な関係にはなれません。会話の内容とか微妙に気を使うんですよね…。本当に「力を合わせる」ためには、肩を組むようにして進める関係性が必要な気がしています。

といって、会社員に戻るつもりもありません。就社1ヶ月ぐらいで息苦しくなるのが目に見えているから。
参考になるのは、数々の名作映画です。『7人の侍』、『大脱走』、『13デイズ』、『アルマゲドン』、『ミニミニ大作戦』、『オーシャンズ11』、『ミュンヘン』……。いずれも「その道のプロ」たちがプロジェクトのために一時的に集まり、綿密なコミュニケーションをしながらそれぞれの得意技を発揮するという内容。観ているだけで興奮するなあ。俺も登場人物の一人になってみたい…。

で、思いつきました。僕もチームワークを勝手にやってみればいいのだと。戦争や犯罪や隕石破壊などは無理だけど、「言葉を売る」というプロジェクトチームならば参加できます。

僕の得意技は、「見聞き体験したものを面白くわかりやすく自分なりの視点で書く、話す」です(あくまで自己評価ですが)。でも、他には何もできません。少なくとも売れるような技はない。実務全般が苦手だし(請求書を1枚書くのにすごく時間がかかります)、イラストも写真もデザインも印刷もできません。イベントなどの場を仕切ったりするのも下手です。はっきり言って、「形にする力」「実現力」が乏しいんですよ。ライターの分野でも、網羅的に情報を集めたり定量的に分析したりするのは不得意です。

ならば、補完し合えるようなプロに声をかけ、チームを作り、自主プロジェクトを進めていけばいいじゃないですか。恋愛や会社と違って「浮気」「兼業」はOKなので、プロジェクトごとに異なる人と交わることができ、飽きることもない。浮気性の僕にはぴったりです。

ポイントは、それぞれが得意技を持っていると同時に、「すぐに金にならなくてもやりたい」と思える企画を共有することだと思います。なんとなく集まっても、単なる飲み会で終わってしまうでしょう。

で、ここ数ヶ月かけてそんな企画を10本ほど作りました。手帳のメモ欄に書き留めてあります。電車などでときどき眺めては「この企画は誰とやろうかな…」と考えたりしています。うーん、楽しい。

春先までに2、3本は実行する予定です。頓挫したり喧嘩したり失敗したりする可能性も大いにありますが、やるだけやってみよう。久しぶりに前向きな年末を迎えています。
by jikkenkun2006 | 2009-12-31 18:14 | 週末コラム | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/12584079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 名古屋の商社マン at 2010-01-08 13:23 x
若干遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

本音ベースでの新年の抱負、興味深かったです。読み終わって、自分自身の得意技はどこにあるのかもう一度考えてみようという気になりました。が、簡単に答えは出なそうなので、とりあえずジムで筋トレを開始して、あごとお腹のぜい肉を何とかして自信をつけたうえで、ジムの水泳教室で同じクラスの美女(推定34、既婚)ともっと仲良くなることが私の今年の目標です。
Commented by jikkenkun2006 at 2010-01-09 00:23
>名古屋の商社マンさん
コメントありがとうございます。新年の目標、おバカですね。でも、素晴らしい。がんばって痩せて口説いてください。


<< 年越し蕎麦を食べました ハムエッグを作りました >>