「俺マーキング旅行」に出かけたい

こんばんは。大宮です。
小学校時代からの友人に「道オタク」の男がいます。
大きな白地図を常に車に積んで、休日ごとに一人ドライブをして、走った道を蛍光ペンで塗りつぶす。車道だけでなく、船や飛行機を使って航路や空路までも辿っています。
目的地ではなく「目的道」を楽しむ男なのです。

「道の場所によって蛍光ペンの色を変えているけど、何か意味があるの?」
「行った日付ごとに色分けするようにしているんだよ。例えば、この国道は一日で走破するのは大変。色分けしておくと、数日にわたって走り潰した苦労をしみじみと思い出せるでしょ」
「ふ、ふーん」

彼の変人ぶりを笑っていた僕ですが、この頃は自分も若干「道マニア」の傾向があることに気づきました。出張や旅行の際は、必ず県ごとの『るるぶ』を購入し、移動しながら地図を凝視しているのです。景色を楽しむなんて二の次。現地に着いて旧友と再会したり地元のおいしいものを食べたりすれば満足し、温泉とか観光とかはほどほどにして早く東京に帰りたくなります。

僕は幼い頃から小心者&方向音痴で、外に遊びに行くときはほぼ必ず兄にくっついていました。自信を持って一人で出かけられる範囲は自宅から半径30メートルぐらいだったと思います。臆病で虚弱な室内犬、みたいですね。

恥ずかしながら大人になってもこの性格は変わらず、旅行に出かけるときはいつもドキドキしています。前夜までに、宿泊場所を予約して電話番号を控え、現地の地図を用意し、交通機関の時刻を詳細に調べて余裕のあるスケジュールを作り、手土産を買い、荷物を確認しなければ、不安で眠ることができません。

それでもなぜ旅行に出るのかといえば、見聞を広めたいという前向きな気持ち以上に、「自分が安心できる範囲を確かめたい広げたい」という内向きな目的があるからです。あちこちにマーキングをして俺の縄張りだとカン違いしているバカな犬、みたいですね…。

ここ数年は、飛行機もしくは電車で行ける国内旅行ならば、なんとか一人で行けるようになりました(海外旅行は弟、車旅行は妻に同伴してもらっています…)。寂しがりなので現地に夕食を一緒に食べられる友人が住んでいることが望ましいのですが。
で、旅行中や前後に地図をガン見しながら安心するのです。この場所には足を踏み入れたことがある、特に怖いことはなかった、むしろ真面目で親切な駅員さんがいた、などと振り返りながら。

だいぶ暖かくなってきました。今年も地図を片手に「俺マーキング旅行」に出かけようと思います。
by jikkenkun2006 | 2010-03-05 22:49 | 週末コラム | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/13019514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by latenscurtis at 2010-03-06 21:33
こんばんわ

私も 国内ならひとりで行けるようになりました
といっても 地図や時刻表はニガテで
乗り換えはもっぱら携帯でチェックなんですが。

最近は関西方面ばかり出かけていたので
今度は 日本海側までマーキングに行きたいです
Commented by jikkenkun2006 at 2010-03-06 22:08
>latenscurtisさん
コメントありがとうございます。仲間を見つけた気分です。日本海側のどこかで、すれ違いましょう!


<< パンを食べました ピーマンの肉詰めを作りました >>