ロスジェネ往復書簡

f0084436_064371.jpg
 3年ほど前、こんな文章を書いて「オレは作家になる」的な宣言をした僕ですが、いろいろ考えるところがあって(職人としての)ライター業に復帰することにしました。今回もブログで経緯を書いて、編集者・ライター・カメラマンなどの仕事仲間(暇なときにチェックしてくれているようです)にそれとなく報告しようと思っていたのです。いや、やっぱりやめておこうかな。恥さらしだし。モジモジモジ……。
 その矢先、ロスジェネ往復書簡の相手である洪愛舜さんに「自分に正直に生きると楽なほうに流されませんか?」と問題提起されて、答えざるを得なくなりました。この人、やたらにスルドイというかタイミングが絶妙なんですよね…。占い師でもやればいいのに。で、まだ言葉にし切れていないモヤモヤをできるだけ丁寧に書き出していたら、なんだか少しスッキリしました。洪さん、ありがとね。

わたしの まちがひだつた
わたしのまちがひだつた
こうして 草にすわれば それがわかる

<八木重吉『草にすわる』>
by jikkenkun2006 | 2010-10-04 00:06 | 仕事の宣伝 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/14720743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 東雄介 at 2010-10-04 09:47 x
無条件で応援するっす。
Commented by グスタフ at 2010-10-04 11:19 x
今の自分と照らし合わせて、なんだか勇気をもらった気がします。
ありがとうございます。

私も応援してます。
Commented by 念友 at 2010-10-04 17:16 x
自分が思うことが一番なのよ。ガンバレ実験!
Commented by jikkenkun2006 at 2010-10-05 14:13
>東雄介さん
ありがとうございます。3年前も、今回も、うれしかったです。

>グスタフさん
いつもコメントありがとうございます。がんばりますね。

>念友さん
おお、チェックしてくれてたんですね。また飲みながら相談にのって下さいね。


<< 実家で食べました 叔父の家で食べました >>