インゲンの胡椒炒めを食べました

f0084436_21293882.jpg●昼食:インゲンの胡椒炒め
●夕食:ミーゴレン、ナシゴレン、ラム肉のソテー、など@広尾「カフェフロンティア」

 インゲンがあまり好きではなかったんです。肉料理のつけあわせで茹でたインゲンがよく出てきますよね。義理で食べてますが感動はありません。群馬の畑でインゲンが採れまくってもうれしくありませんでした。で、義父に料理法を聞きました。1センチぐらいに刻んで焦げるぐらいまで炒めて、塩胡椒で味つけすると美味しいらしいです。ポイントは胡椒をたっぷり振ること。なるほど、スナック感覚でいいですね。これならたくさん食べられます。もうインゲンも怖くない!
 夜は、が働く職場主催のアフガニスタン・セミナーへ。静岡県で僻地医療に携わりつつ、戦禍の祖国で医療支援も行っているというアフガニスタン人医師(カレーズの会というNGOをやっているらしい)に感銘を受けました。日本での留学時代、下宿代もとらずに面倒をみてくれた老夫婦に「なんでそんなに優しくしてくれるのか」と問うと、「自分たちも中国からの引き揚げのとき、ある中国人に匿ってもらった。その後、どんなに手を尽くしても恩人が見つからない。だから替わりにあなたの面倒をみる。気にするな」と答えたそうです。で、その医師も他の誰かに尽くす道を選んだという話。いいね~。思わず体が熱くなりました。しかも、プレゼンテーションはすごく知的でわかりやすく、ユーモアもあり。アフガンには希望がある!と情熱的に語りかけてきました。偉大な人物っているんですね…。この世も捨てたもんじゃない!
by jikkenkun2006 | 2010-10-20 21:29 | 食日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/14827663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ボク様卒業への道 自炊を休みました >>