「ヤマアラシのような言葉」から距離をおく

こんばんは。大宮です。
今日はなんだか反省モードです。

先日、WEB連載の『往復書簡』を読んだという学生時代の友人から、久しぶりに
メールが届きました。「大丈夫か?」というタイトルで。

<冬洋の文章、言葉の受け止め方や選び方が酷く刺々しくて、読んでドキッとしたよ。
ヤマアラシのような印象を受けた。
自分の感性に正直で直截的な表現も、君の文章の魅力だと思う。でもそれ以上に、
飄々とした軽やかな語り口が、僕は好きです。>

前半は批評、後半は激励ですね。
僕はなんだか恥ずかしい気持ちになりました。

上記の往復書簡で、僕は相手の言葉に対して感情的になり、やや差別的な表現を
含む言葉を発してしまったのです。
読み返してみて、友人が「ヤマアラシのような印象を受けた」というのも無理はないな、
と感じました。

何がいけなかったのかを少し冷静に振り返ると、怒ったこと自体には問題はない気が
します。どんなに子どもっぽい怒りでも、自然な感情なのだから仕方ありません。

問題は、その怒りを何の目的のために言語化したのか、ですよね。
今回、わざと感情的になって往復書簡に刺激を与えるというサービス精神もなかった
わけではありません。でも、それ以上に「自分の立場を擁護しつつ、自分がスッキリする
ため」という自己満足的な文章でありました。
だからこそ、友人は違和感を覚えたのだと思います。

さらに振り返ってみると(反省モードなのですよ今夜は)、このブログでも最近は
「忙しさ自慢」や「人脈自慢」をしてしまっていますね。その自慢が読者に益する内容ならば
いいのですが、読み返すと自分が気持ち良くなっているだけな気がしてきます。
うーん、心のゆとりがないんだな、俺…。

こういう言葉は、不特定多数の読者に向けて発するべきではありませんね。
「嫌なら読むな」というのは書き手の傲慢であり、「嫌な言葉は公開するな」のほうが
正しいと思います。

なぜなら、公開した言葉は公共のものだから。
路上にゴミを捨てない、裸で外を歩かない、道を譲ってもらったら「すみません」と
お礼する、などと同じレベルで、「自己満足を目的とする言葉を路上に捨てない」ことは
マナーなのですね。

偶然にもヤマアラシのような言葉に触れてしまって無用にざわついた人の心を
誰が救うというのでしょうか。そんな残留地雷みたいな言葉は、ごく親しい人に付き合って
もらい、非公開でひっそりと処理すべきです。
「こんなムカつくオヤジがいてさ。あーでね、こーでね」(大宮)
「うんうん。それは嫌だね。あなたは全然、悪くないのよ」(優しいお姉さん)

特に僕の場合は、商業ベースの媒体(雑誌やWEBサイト)に言葉を書かせてもらうことを
仕事にしているので、個人で書いているより広く遠い他人に届く可能性が高まります。
残留地雷というより風船爆弾ですね…。大迷惑!
僕の書く言葉が、社会や人間への愛情に支えられているのではなく、私利私欲を潜ませて
いるのだとしたら、いますぐ別の仕事を探したほうが世のため人のためでしょう。

<私は書きながら、毎日、自問自答している。
 今日、私は本当に自分が伝えたいことを書いたか。恨みや嫉みの気持ちを言葉に
乗せなかったか。純粋に自分のためだけに書いたか。誰かをおとしめるような文章を
書かなかったか。言葉を武器にしようとしなかったか。自分の自意識のために言葉を
利用しなかったか。
 そう思って、書いた文章を読み返し「よし、大丈夫だ」と思ったら送る。>
(田口ランディ『広告批評』2001年4月号より抜粋)

僕もこれからはもっと客観的に自分の文章を読み返し、「公共のためになる」と思えた
ものだけを送信しようと思います。

ヤマアラシのような言葉ではなく、見知らぬ読者にも寄り添えるような純粋で温かい言葉を
発していきたい。
by jikkenkun2006 | 2011-01-23 22:58 | 週末コラム | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/15383702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by グスタフ at 2011-01-24 11:28 x
人間だから完璧にってなかなかできないことだとは思いますが
意識しつつ、完璧になれるよう努力する姿はいいですよね。
特にプロの場合は。

「死ぬまで勉強、修行だ」という言葉は色んな分野の
プロフェッショナルの方々が言われることですが
私も常に成長できるよう努力したいです。

ご友人みたいな素敵な仲間が応援してくださっているのだから
大宮さんも頑張って!

Commented by jikkenkun2006 at 2011-01-24 23:03
>グスタフさん
温かいコメントをありがとうございます。完璧になれるような努力、いい言葉ですね。がんばります…。
Commented by 匿名 at 2011-01-25 10:00 x
>道を譲ってもらったら「すみません」とお礼する

お礼は「ありがとうございます」ですよ!!
そこで自然と「すみません」が出てきてしまう状態に
今の生き方全般のしょんぼり感が出ていますね。
初コメントですがえらそうですみません。


<< ミニキムチ鍋を食べました 『きょうの料理ビギナーズ』2月号 >>