チンジャオロースー丼を作りました

f0084436_2345142.jpg●朝食:ピーマンだらけのチンジャオロースー丼、玉ねぎと松山揚げの味噌汁
●昼食:試食品各種@さいたま「ニューフードフェア」
●夕食:チャプチェ

 出版業界の凋落が叫ばれて久しいのですが、東日本大震災後は厳しさが増していると実感しています。そんな中、とても励みになる本に出会いました。著者は、「本を読みたい人は減っていない。読み手の知性の質の総量は時代によって増減はしない」とした上で、インターネット時代における書き手の姿勢を次のように説いています。ちょっと長いけど引用しますね。

<本を読むための機会はできるだけ多様で多種であったほうがいいと僕は思っています。図書館で読む人も、友だちから借りて読む人も、家の書架に家族が並べておいた本を読む人も、ネットで公開されたものを読む人も、多ければ多いほどよいと思う。けれども、今挙げたのはみな「自分では本を購入しない読者」たちです。こんな読者の数がいくら増えても、たしかに著作権者には一文の利益ももたらさない。けれども、じゃあ、「本を読むが、買わない」読者はいてもいなくても同じだということになるのでしょうか。僕はそう思いません。
 前にも申し上げましたが、「本を自分で買って読む人」はその長い読書キャリアを必ずや「本を購入しない読者」として開始したはずだからです。すべての読書人は無償のテキストを読むところから始めて、やがて有償のテキストを読む読者に育ってゆきます。この形成過程に例外はありません。ですから、無償で本が読める環境を整備することで、一時的に有償読者が減ることは「著作権の不利」になるという理路が僕には理解できないのです。
 無償で読む無数の読者たちの中から、ある日、そのテキストを「自分宛ての贈り物」だと思う人が出てくる。著作者に対して反対給付義務を感じて、「返礼しないと、悪いことが起きる」と思った人が出てくる。そのときはじめて著作物は価値を持つ。そのような人が出てくるまで、ものを書く人間は待たねばならない。書物の価値は即自的に内在するのではなく、時間の経過の中でゆっくりと堆積し、醸成されてゆくものだと僕は思っています。>(内田樹『街場のメディア論』光文社新書)

 僕はこの新書を古本屋で定価の三分の一で購入しました。コーヒー代より安い値段で、おそらく一生ものの知見を得てしまったことになります。とんでもない「贈り物」ですね…。僕はどのようにして反対給付義務を果たせばいいのでしょうか。有償無償を問わず、読者に呪詛ではなく祝福を贈るような文章を一所懸命に書いて公表するしかないような気がします。怖いようで、晴れやかな読後です。
by jikkenkun2006 | 2011-10-06 23:04 | 食日記 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/16652734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by グスタフ at 2011-10-07 09:30 x
まさに内田さんの言うとおりだと思います。

私も子供の頃から読書が大好きで
最初は「文庫」や「図書館」で借りて読みまくっていました。

でも大人になるにつれ、自分で購入することも
作品の先の作者の方への意識も増えてきました。

本当に読み手の心に響く作品に出会ったとき
読み手は時間をかけてでも、ちょっと窮屈な時間を過ごしてでも
その作品を購入したいと自然と強く思うようになると思います。

時間の経過は人にとって優しくも厳しくもあるけど、
結果がでるまでの時間はその人にって貴重な糧になりそうですよね。
Commented by jikkenkun2006 at 2011-10-07 22:21
>グスタフさん
コメントありがとうございます。結果が出るまでの時間は貴重な糧、明るく優しい言葉ですね。僕も精進しようと思います。たくさん本を読んで、いろんな経験を積まなくちゃ…。
Commented by 眠り亀 at 2011-10-08 22:15 x
私の商売は、定期的に著者の方から、権利侵害のように言われる仕事です。うちは、大人の本はベストセラーでも、上限があるので(全8館ありますが、全館で多くても25冊くらい)リクエストが多い本は500人以上待っています。でも「一度しか読まないから」という人は、それでも待ちます。ちなみに、以前、塩野七生さんが、本を買ってくれた読者をパトロンだといっているのを読んで、すごいな、1冊分の印税なんてわずかなのに、読者をパトロンと思ってくれるのか、と思いました。塩野さんのパトロンになれるなんて、こっちが光栄だから、せっせと買ってます。図書館からも、さんざん借りていますが、読んで、これは、と思ったら買うのが、私の方針です。実験くんも、パトロンたくさんみつけてね。
Commented by jikkenkun2006 at 2011-10-08 22:28
>眠り亀さん
コメントありがとうございます。図書館、絶対に必要ですよね。僕も昨年末からは図書館近くに住んでいるので、ちょくちょく利用しています。パトロンの話は興味深いです。
Commented by てじ at 2011-10-09 23:51 x
単なる一読者です。

好きな本(漫画や雑誌も)を買ってそのまま置けたらいいのですが、物理的も金銭的にも無理なので図書館や新古書店やまんが喫茶も利用しています。
今のところ本や雑誌は購入しないとコンテンツを作り上げた人にお金が回らない仕組みになっているので、作家買いしているモノは新刊で購入しています。
特にメディアミクスしてない小説家やストーリー漫画家で単行本の印税で運転している方々には一読者としては購入して印税というやり方で支えるしかありません。

しかし、自炊という方法が出てからは、紙媒体ではなくてrawデータに互換性があり、一度購入したら確実に作者や編集者に対価が支払われるなら電子書籍化したいと思っています。
ただ、今のところハードは各社出ていますが、コンテンツを提供する出版社側からのデータ形式が一義ではないので電子書籍としてDLしたのは数作品ほどで、様子見の段階です。
#自炊の場合はPDFかjpgにして保存している様ですね
Commented by jikkenkun2006 at 2011-10-10 21:02
>てじさん
コメントありがとうございます。「自炊」という言葉は初めて目にしました。電子書籍、どれぐらい普及するのでしょうか…。
Commented by てじ at 2011-10-11 00:56 x
いつも返答ありがとうございます。
紙の書籍を自力で裁断しスキャンして電子化する「自炊」はamazonの売れ筋商品をみると結構やっている人がいるっぽいです。
裁断機(ギロチン式の大きいやつ)とスキャナ(ScanSnap)が売れ筋になってます。
#これが利用層が広い楽天市場でも確認できたら"マジ"ですが

古本もスキャン用裁断済みがYahoo!オークションで出品されていて、驚きます。
#絶版扱いなのにぶった切ったもんを定価で出品かよと毒づきたくなりましたが。

出版界もスキャン代行業者と一騒動の最中のようですね。
(うろおぼえ)
昔は文庫というのは名著(非常に売れた作品)しかならななかったのが、今はいきなり文庫から出たりするのを見ると、
音楽と同様に電子化するのは予測できますが、
日本の本には必ずカバーがついていてそれぞれ遊びの部分があるのを考えると、欧米とは違って電子化して読むものと廉価な部類のコレクターズアイテムとして楽しむ物に分かれそうですね。
Commented by jikkenkun2006 at 2011-10-12 00:04
>てじさん
なるほど、それを「自炊」と呼ぶのですね! 勉強になりました。そして、よい本を作っていきたいと思いました。
Commented by 景州 at 2011-10-17 22:18 x
借りたり古本で読んでも、どうしても自力購入したくなる本は、ジャンルを問わずにありますよ。
「お宝本」と勝手に命名して大切に読み返しています。
好きすぎてボロボロにした本を三回買い直したこともあります。
これからどんな「お宝本」に出会うことが出来るのか、何時もワクワクしながら本棚を物色しています。
Commented by jikkenkun2006 at 2011-10-18 22:48
>景州さん
コメントありがとうございます。そんな素晴らしい読み手を少しでも増やす努力が出版業界がやるべき唯一のことだ、と内田氏も書いていたような気がします。僕もがんばります。


<< 豚キムチを作りました 中国風おかゆを作りました >>