厚揚げと卵の味噌汁を作りました

f0084436_213785.jpg●朝食:厚揚げと卵の味噌汁、ゆかりご飯
●昼食:サラダ、マトンカレー、野菜カレー、ご飯@西荻のカフェ
●夕食:鮭弁当、海苔の弁当by西荻「セブンイレブン」

 学生時代の先輩が書評(たまに映画や音楽評)ブログをやっていて、たまにのぞいて参考にしています。控えめな先輩が珍しく「ぜひ」と熱く購読を薦めていたのが、渡邉正裕『10年後に食える仕事食えない仕事』(東洋経済新報社)。豊富な取材をもとに、世の中の仕事を4つに分けて見通しを語るという意欲作です。4つとは以下の通り。
①重力の世界:グローバルの最低給与水準に収斂される/平均賃金が日本の20分の1以下のインド人、中国人との勝負/無限大の人材供給
②無国籍ジャングル:世界70億人と仁義なき戦い/“超成果主義”の世界/勝ち残れれば青天井/才能も運も必要
③ジャパンプレミアム:日本人ならではのサービスマインド、職人気質、チームワーカースピリット/「同じ日本人」という信頼感を活用した対面のサービス
④グローカル:日本人の強みを生かしつつ、高付加価値スキルで勝負/日本市場向けの高度専門職/高度な日本語、日本の人的ネットワーク
(同書57ページより)
 危険なのは①にいることで、カッコ良さと高給にひかれて安易に②を目指すのもリスキー。グローバル競争に勝ち抜く自信がない人は、技能系なら③、知識系なら④に逃避せよと書かれてありました。うーん、納得。無駄に②を意識するのはやめ、一冊でも多くの良書を(日本語で)読みつつ目の前の仕事を丁寧に仕上げることで、④を目指そうと思います。お金と仕事は大事ですからね…。
by jikkenkun2006 | 2012-04-08 21:37 | 食日記 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/17402026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AK at 2012-04-09 22:10 x
ビジネスパーソンだからといって誰もが世界に打ってでなければならない、などという気は毛頭ありませんが、でも一方で反省もなくレベルの低いパフォーマンスを続け、出口の見えないトンネルから抜け出せない方々を身近に目にするにつけ、せめて反省を促す動機付けとして世界に目を向けた広い視野を持つことをオススメしたいのだけど、などと思う今日この頃であります。。。
Commented by ブログ著者 at 2012-04-10 05:28 x
お、ご紹介ありがとう。実際②は本当に少ないですよ。

で、④の中をもう少し細分化して議論したらもっと面白くなると思います。
Commented by jikkenkun2006 at 2012-04-10 22:02
>AKさん
コメントありがとうございます。そういうローパフォーマーな人々、伝統的な大企業にはたくさんいそうですね…。

>ブログ著者さん
いやー、本当に良書でした。今週発売の東洋経済も買ってしまい、渡邉氏の商売上手さにも感嘆しています。僕なりに③と④の研究をしたいです。


<< 鰹のそぼろご飯を食べました 目玉焼きを作りました >>