油揚げの味噌汁を食べました

f0084436_21481460.jpg●朝食:油揚げの味噌汁/サンドイッチ@新宿「スカラ座」
●昼食:キーマカレー@芝浦のカフェ
●夕食:おかず盛り合わせ、スープ、ご飯@西荻「ぷあん」

 日本人論がなんだか好きです。自分探求の一環になるからでしょうか。今は和辻哲郎『風土』(岩波文庫)を読んでます。四季のある日本がいかに特殊な「風土」なのかを、諸外国との対比で鮮やかに書き出しています。外国に長期滞在をしたことがない僕は実感はできませんけど、多分当たっているのでしょう。桜が散ったり、急に暖かくなったり、雑草がやたら伸び始めたり…。いちいち感動する国民性は珍しいらしいです。
by jikkenkun2006 | 2012-04-24 21:48 | 食日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/17464512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AK at 2012-04-25 21:03 x
四季を楽しむ特性が根本になってることは間違いないのですが、特筆すべきはやはり「日本人とは」ってことを追究して、自分たちの特異性を見つけては「なるほど〜」って納得することが好きなことなのだと思います。
歴史的に、陸続きの大陸に住む人々はそんなこと気にしてるまに隣国に攻め滅ぼされちゃったりするので、日本人並にそのあたりにスポットライトを当てることはあまりないように思うのですけど、どうでしょう。
Commented by jikkenkun2006 at 2012-04-25 22:02
>AKさん
コメントありがとうございます。確かに、一人で部屋にこもってヌクヌクモジモジしていると、際限なく自分探しをしたくなるの似ていますね! そんな国民性、僕は嫌いではありません。


<< 海苔のパスタを作りました プレジデントファミリー >>