プランターを始めました

f0084436_22384490.jpg●昼食:鶏のから揚げと玉子の丼、スープ、餃子@西尾「ハオツー」
●夕食:ひらめの刺身、チャプチェ、夏野菜の牛肉のサラダ、砂肝とにんにくの芽の炒め物

 昼近くまで寝ていたら、比較的忙しかった8月の疲れが抜けたような気がしました。新居でもバジルの栽培をやろうかな、と思って西三河の農協が経営している公園みたいに大きな園芸ショップへ。とりあえず、バジル、モロヘイヤ、唐辛子を育ててみることにしました。育てるのが簡単そうなので。夜は、スーパーで買った香菜の根っこもダメ元で植えてみました。

※30代のもやもや連載。上野さんインタビューの第2回です。「男に友情なんてあるの?」と問われて少し詰まりました。あるにはありますけど、女性的というかおばさんみたいな男性と仲良くなることがほとんどです。権力や財力などのパワーを重要視する男性(経験的には人口の半分ぐらいです)とは親しくなるのは難しいですね。上野先生の周囲にはパワー好きな高学歴・高キャリアの男性が多すぎたのではないですか?と反論すればよかったです。
by jikkenkun2006 | 2012-09-02 22:43 | 食日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/17927970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by E・M at 2012-09-03 22:21 x
名古屋~東京の行き来お疲れ様です。ともだちのもやもやを興味深く読ませていただいております。私も上野さんと同様に仲のいい友達でもある程度距離を置いた付き合いをするタイプなので共感しました。自分の時間を大事にするタイプだからかもしれません。仲がいい=連絡・会う回数が多い人ではないですしね。問題は困ったときに相手がどれだけ真剣に向き合ってくれるかだと思います。
Commented by jikkenkun2006 at 2012-09-04 06:48
>E・Mさん
コメントありがとうございます。困ったときにどれだけ真剣に向き合ってくれるかで、相手の自分に対する愛情みたいなものがわかるのかもしれませんね。


<< やさいの時間 ヨーグルトを食べました >>