私たち「ユニクロ154番店」で働いていました

f0084436_2020375.jpg 2年ぶりに新刊を出します。ユニクロ店舗勤務時代の同僚(学生アルバイトからスーパースター店長まで)を12年ぶりに訪ね歩きながら、ユニクロという企業や働き方について考えるロードムービーのような本です。今週水曜日(13日)には全国の書店に届く予定。お手に取っていただけると嬉しいです。
 来週水曜日(20日)には出版記念スナックを開催します。現在、20人ほどの方から参加メールをいただいています。「ぷあん」のお姉さんたちは「40人でも大丈夫!」と言ってくれています。お一人での初参加でも大丈夫ですよ。メールをお待ちしています!
by jikkenkun2006 | 2013-03-13 21:04 | 仕事の宣伝 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/18740162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by seizsakaki at 2013-03-18 17:55 x
どうも、こんばんは(田舎ですので)。新刊、買いました。
 一回目、読みました。感想を一言ですが、「資本主義と、共産主義でもなく資本主義でもない、新しい価値観、新しい何らかの主義が一瞬で会って、別れて、そして、その後」ということでしょう。

 面白かったです。
 資本主義、私はユニクロが代表格と認知しているので。というか、資本主義の最後の牙城と思っているので。成果主義というべきかもしれませんが。

 それを取り込みつつ、どんなふうに生きていくのか、という問題提起でもあり、一緒に探しませんか?という勧誘の書でもあり。

 失礼を承知で言いますが、大宮冬洋さんがユニクロをやめたことが新しい価値観、新しい主義の確立に必要だったと思います。それは、大宮さん個人にとどまらないと思います。

 基本的に、私は大宮さんの新刊は全部購入する予定です。また、このような新しい視点の、読みごたえのある本をぜひ書いてくださいね。

私個人としては、「あした会社がなくなっても生きていく12の知恵(ストーリー)」が大好きです。

では、また。
 
Commented by jikkenkun2006 at 2013-03-18 22:41
>seizsakakiさん
ご丁寧にありがとうございます。新しい価値観(いい会社とは?)を確立できたかは微妙ですが、今後も自分にしかできないテーマで取材・執筆をしていくつもりです。ご愛読いただけると幸いです。


<< おじやを食べました 納豆キムチ目玉焼き丼を作りました >>