マイナビニュース

f0084436_0181155.jpg
 マイナビニュースというWEBサイトで新連載が始まりました。「愛知と東京の往復生活で気づいたことを『暮らし』をテーマに書いてください」と初対面の編集者さんに頼まれ、二人であれこれ話し合った末に、「愛知県には大卒でも地元(小中学校の学区)というか実家に住むのが大好きな人たちがやたらに多い」ことに注目。彼らを「インテリヤンキー」と名付けて、生暖かい目線でレポートすることにしました。もちろん、愛知県外にもたくさんいますよね。地元(所沢と東村山)を捨てたつもりの僕には理解しがたい(でも嫌いじゃない)人々だけに、インタビューは刺激的で楽しいものになりそうです。よかったら第一回をご覧ください。
by jikkenkun2006 | 2014-05-10 00:19 | 仕事の宣伝 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/22004803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-05-14 13:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jikkenkun2006 at 2014-05-14 22:45
>Aさん
コメントありがとうございます。率直なご感想をありがとうございます。愛知県というかトヨタ県の凝集性を強く感じました。インテリヤンキーに替わる言葉、頭の体操として考えてみます。郷士かな?
Commented by あき at 2014-05-15 12:58 x
以前、高知の高校の先生が「地元で一生過ごすことに不満がないので、他県の難関大学に進学しようという意欲があまり無い」と言ってました。昨年高知に旅行し、居酒屋のレベルの高さに感動し、「住むには良い所だろうな」と思いました。衣食住に不自由がなければ、慣れ親しんだ人間関係の中で一生を過ごすことは幸せなことなんじゃないでしょうか。外の空気を吸いたくなるのは若いうちだけで、子育て世代になれば地元の良さに気づきます。


<< ベーグルを食べました 納豆キムチ目玉焼き丼を作りました >>