おにぎりを食べました

●朝食:釜玉うどん
●昼食:おにぎり
●夕食:アジの干物、油揚げと小松菜のおひたし、平目茶漬け、枝豆

 人生の喜びの3割ぐらいは「ご飯を食べること」に詰まっている気がします。だから少しぐらい贅沢してもいいよね、と思って、半年ぐらい前に三菱電機「炭炊釜」という高級炊飯器を買ったのです。しかし、水の量などをあれこれ工夫しても、「炊き立てなのにボソボソのご飯」という悲しい炊き上がり。炊飯中にフタをとってしまったような味と食感なのです。どう考えてもおかしいぜ。前に使っていた安いマイコン炊飯器のほうがはるかにマシ。半年ガマンしていましたが、そろそろ限界です。やはり炊飯器はタイガーか象印の製品にすべきなのでしょうか。けっこう高い授業料でした。
f0084436_20132056.jpg

by jikkenkun2006 | 2014-08-31 20:13 | 食日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/22839444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AK at 2014-09-01 21:11 x
高級炊飯器ってかなり高額ですから、ボソボソご飯は残念ですね。私は炊飯の際は圧力鍋を使っているのですが、使用10年を越え、圧力がかからない失敗をするようになりました。パッキンが古くなったかなと思い交換したのですが安定せず、このところは1勝4敗位のペースで失敗が続いていました。圧力鍋炊飯も失敗すると粘り気の全くない、ボソボソご飯になります。もう、限界か、と冬洋さんと同じことを考えてたら、先週末は久しぶりの成功炊飯。もっちとしておいしく炊けちゃったのです。
最終処分までには今しばらく執行猶予が続きそうです・・・
Commented by jikkenkun2006 at 2014-09-01 23:49
>AKさん
コメントありがとうございます。圧力の問題なのかもしれませんね。もう一度取扱い説明書を熟読して、調整してみようかと思います。


<< 吉田友和、岡田和恵『週末香港&... アクアパッツァを作りました >>