スナック大宮★第35夜

f0084436_22522262.jpg
 恒例のスナック大宮ですが、12月で定期開催を終わらせることにしました。お客さん向けのメールを下記に転載しておきます(ちょっと長いです)。あと3回なので、「一度は行ってみようかと思っていた」という方は勇気を出して予約メールを送ってくださいね。

*****

スナック大宮お客さん各位
(BCCで235人の方に送っています)

こんばんは。大宮です。
2011年9月から続いているスナック大宮を、今年12月で定期開催は終わらせることにしました。
「3回連続でお客さんが10人を下回ったらやめる」などと宣言したこともありましたが、34回目の前回に至るまで、毎回20人前後のお客さんが来てくれたことを嬉しく感じています。

定期開催を終えるのは、後ろ向きな理由と前向きな理由が1つずつあります。
前者は、気力体力が平均的な30代男性の6割ぐらいしかない僕(昼寝を含めて毎日10時間ぐらい寝ないと睡眠不足)は、自宅が愛知に移ったこともあって、ちょっと疲れてしまったことです。
疲れると僕はすぐにダークサイドに陥ります。お客さんに八つ当たりをしたら最悪ですよね。

後者は、おかげさまで「僕にしかやれない(と思える)仕事」が急に増えたことです。
(現在の連載などはこちらをどうぞ)
http://syokulife.exblog.jp/1154900/
以前にNHK出版のヨネムラさんにライターとしての身の処し方を相談したとき、「大宮くんは専門分野を極めるというよりも書き口やスタンスで勝負するほうがいいかもね」とアドバイスしてもらった記憶があります。
最近、ようやくわかってきた僕のスタンスは「インタビューエッセイ」とでもいうべきものです。
インタビューというか対話相手は必要なのだけれど、相手の言葉だけではなくて自分の感想や体験を盛り込んで対談のように書いています。
黒子であるべき筆者の自分語りがウザい、という批判は毎回受けますが、読者の自分も会話に参加しているようで読みやすいと誉めてもらえることもたまにあります。
能力が限られている自分としては、共感してくれる読者がいることを信じて、このまま書きまくるしかないと腹をくくりつつあります。僕はいま、書き手として勝負時を迎えているのかもしれません。少ない体力は、読者のみなさんとの楽しい交流会にではなく、辛くて孤独な執筆作業に投じるべきですよね。

とはいえ、来年からも不定期で(できれば季節に1回ぐらいは)、大好きな西荻「ぷあん」や蒲郡「スロース」などの場所でスナック大宮を開催したいと思っています。そのときは必ずお知らせしますね。

年内はこれまで通りに開きます。今月も含めてあと3回ですので、久しぶりの方も顔を見せてくれると嬉しいです。
みなさんからのメールをお待ちしています!

<スナック大宮@東京・西荻>
●日時:10月15日(水)18時30分~22時まで(出入り自由)
●料金:おいしいアジア料理各種とドリンク2杯で3000円
●場所:西荻「ぷあん」(新宿から中央・総武線で15分、西荻窪駅下車3分)2階
東京都杉並区西荻南2-24-1
03-5346-1699
●申込:前日(火曜日)までにtoyo@omiyaoffice.com(大宮)宛に 「氏名」
「人数」「連絡先」をメールしてください。
※30名定員です。万一オーバーした場合は、先着順とさせていただきます。
※今月の料理テーマは、「タイ東北家庭料理のすべて。パート1」です。
by jikkenkun2006 | 2014-10-02 22:55 | お知らせ&お願い | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/23049372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< フレンチトーストを食べました 鮪の尾っぽを食べました >>