豚汁を作りました

●昼食:磯辺焼き2個
●夕食:豚汁、ハンバーグ、キュウリともやしのサラダ、ご飯

 しいたけとサトイモをもらったのですが、煮物をサクッと作る自信がありません。やっぱり豚汁だな…。明日から寒くなるらしいのでしょうがも刻んで入れました。

※ポスト中年の主張:「5時以降は仕事できない」人は総合職正社員にふさわしいとは思えない件です
f0084436_19171991.jpg

by jikkenkun2006 | 2014-12-01 19:16 | 食日記 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/23372792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by K at 2014-12-02 09:52 x
大宮さんのファンでよくコラムやこちらのブログを読ませて頂いています。ポスト中年の主張も読ませて頂きました。ボツになった原稿とのことですが、ちょっと驚きました。大宮さんの私見に関しては、リーダーシップや責任についての考え方が昔ながらの男性の働き方(強いリーダー幻想?)に捕らわれていると思いましたが、現実の世の中がそういう面を未だにひきずっていますので、現実にそった正しい意見ですね。しかし編集者の依頼は「五時以降会議しないでと提案したい、どうすればいい?」というお題かと思います。いかに定時後の会議撤廃を提案するかが求められる回答かと思いますので、五時以降仕事できない人は総合職に相応しくない、という意見は的を外しているように思いました。緊急時の対応が徹夜になるのと、通常営業の会議が当たり前に定時後に開催されるのは、また違う話だと思いますしね。ボツになったのは女性活用に反しているというより、問いととずれた回答をしているからではないでしょうか。ずれた回答ではなくて、大宮さんならこうやって提案する、という回答を聞きたかったように思います。大宮さんの仕事スタイルって一般の会社員のスタイルとは全然違うと思いますが、それは情けないどころか今後の希望になりうる働き方だし、だからこそ読者も参考になると思うのですが・・・。大宮さんの今後のコラムも楽しみにしています。
Commented by jikkenkun2006 at 2014-12-02 20:46
>Kさん
コメントありがとうございます。優秀な編集者のような鋭い指摘だなと思いながら拝読しました。確かに僕はこのようなテーマだと、普段はあまり表に出ないマッチョ願望が表出しがちですね…。
Commented by ドリーミー刑事 at 2014-12-02 23:15 x
大宮さん、こんばんは。
いつも楽しく拝読しております。

今回は1人のファンとして、ご意見を伝えさせて頂くべく、コメント欄から長文を失礼します。

結論から申しあげると、私は、今回のプレジデント編集部の判断は正しいものだったと思っています。

理由は主に以下の三つです。

まず、「5時以降に働けない人」を総合職として雇用するかどうかは、それぞれの企業の判断が全て、という点です。

ですので、その企業が既に当該人物を正社員として雇用している時点で、様々な事情を考慮した上で「総合職にふさわしい」と判断しているということであり、大宮さんの「ふさわしくない」という断定は意味を持たないものとなってしまっています。

もう少し付け加えると、そうしたそもそものボタンの掛け違いがあった上に、ステークホルダーではない大宮さんが「わが身を振り返れ」とまで指摘するのは、コラムの性格を踏まえても、勇み足と言わざるを得ないと思います。



2点目です。

記事の中で大宮さんは「リーダーたる者、24時間仕事に責任を持つべき」と主張されていますが、こうした「無限責任従業員」的な価値観は、まさにブラック企業に共通するものであり、ユニクロに批判的な大宮さんの日頃の主張と完全に矛盾しているのでは、と感じざるを得ません。

大宮さんは「リーダー」という言葉を、もっと重い意味、役職を想定して使われているのかもしれませんが、多く企業でリーダーという肩書きが大幅ディスカウントされている昨今の現状を踏まえると、意図が伝わりにくいことは間違いないのと思われます。

※続きます
Commented by ドリーミー刑事 at 2014-12-02 23:15 x
※続きです

3点目です。

「5時までしか働けない人」には、パターンがあると思います。おそらく大宮さんは、「共働き夫婦」をイメージして書かれたのではないかと推測しているのですが、それ以外にも、家族の介護、シングルマザー、シングルファザーといった人たちも、5時までかどうかはともかく、少なくとも24時間仕事に責任を持て、と言うには酷な事情を抱えた人たちだと思いますし、そうした人たちは社会の中に常に一定の割合で存在しています。

そう言う私も、もし明日交通事故で死んだとしたら、妻が二人の子供を育てつつ、働きに出ることになると思います。

その際、時間的制約があること「だけ」を理由に、低収入の仕事を選ばざるを得ないことが「当然」とされる社会であってほしくないな、と素朴に思いますし、そうした思いを持った読者が、このような記事を読んだ場合、筆者と媒体に対して、反感を覚えることは致し方ないかと。

もう少し、弱者あるいは多様性に対する想像力が欲しかったなと思わざるを得ません。


以上、長々と書いてしまいましたが、ファンとしての愛を込めた感想として受け止めて頂けると幸いです。

これからも大宮さんの冷静なユーモアあふれる文章を楽しみにしてます。

また飲みに行きましょう。
Commented by jikkenkun2006 at 2014-12-04 23:15
>ドリーミー刑事さん
コメントありがとうございます。「ユニクロ的」というご指摘には返す言葉がありません。総合職正社員に成り切れなかった僕は、組織のフルメンバーの人たちに羨望の念を抱き続けているのかもしれません。


<< 田辺聖子『女の日時計』など フレンチトーストを食べました >>