お詫びと訂正

「ヤフー個人」で連載している「ポスト中年の主張」で、プレジデントオンライン並びNewsPicks編集部の編集権を侵害するような記述をしてしまったと判断し、下記①と②は該当箇所を修正、③は記事自体を削除しました。

①「5時以降は仕事できない」人は男女を問わず総合職正社員にふさわしくないと思う件(2014年12月1日公開)
②誰よりも愛したスターバックスを私が辞めた理由(約1万字)前編(2014年12月25日公開)
③NewsPicksで連載を始めて1週間。筆者都合の「切り分け」を批判されて思うこと(2014年10月2日公開)

過ちに気づくのに半年以上もかかってしまったことを含め、両編集部並びヤフー個人編集部にお詫びをいたします。今さら修正・削除することは、ちゃんと読んでくれた読者の方にも申し訳ないです。ごめんなさい。

最後に、今回の間違いを気づかせてくれた文章を、感謝の気持ちを込めて引用します。僕の行為は下記の「腹いせ」にあたるもので、ルール違反でした。

<新聞や雑誌は編集権を持つ。「あなたの書きたいことならば、何を書いても構いません。そのまま掲載します」というような原稿を筆者に依頼することは、編集権の放棄であり、まともな新聞や雑誌ならば絶対に行わない。
 前にも述べたように原稿の内容が自社の価値観、経済的利益に反するという判断を社として行った場合、新聞や雑誌が、現行の書き直しを要求することはよくある。筆者が書き直しを拒否した場合、あるいは書き直した後の内容でも社の方針と合致しない場合、新聞や雑誌は編集権を行使して、掲載を拒否することがある。従って、認識や利害関係の違いから、筆者と編集部の間で、さまざまなやりとりがなされることはよくある。ただし、それについては双方が合意しない限り外部に漏らさないというのがルールだ。そうでないと書き手は、編集部に秘密情報や率直な意見を伝えることができない。ちなみに掲載を拒否された書き手が腹いせにその事実を触れ回ることはときどきある。しかし、新聞や雑誌の編集サイドからこの種の情報の漏洩が生じることは稀だ。>(佐藤優『ケンカの流儀』より抜粋)
by jikkenkun2006 | 2015-06-20 08:25 | お知らせ&お願い | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/24156357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AK at 2015-06-20 19:43 x
詳しい経緯は知りませんが、過去のことでも誤りがあれば修正するのはいいことではないでしょうか。私など、つねに給与生活者ですので、日々自分のすでにした仕事についてミスや思い違い、将来勤務先に重大な影響を及ぼすような誤った処理をしてないか、など、ことあるごとに振り返り見直すようにしてますが、これは多分に他人の器の中で仕事してるから、めったなことはできないと、本能的に危機感を感じてるからだと思います。個人で仕事してる場合は、自分の裁量でなんでも決められる分、なかなかそういうようなマインドセットになりにくいのではないかと推察致します(はずれていたらごめんなさい)。今回のような経験を経て、ライターとして技量が磨かれていくならいいじゃありませんか。


<< 肉野菜炒めを作りました マイナビニュース >>