大人の男性に必要な「サービス精神」について

こんにちは。大宮です。
76年生まれの僕は来年に40歳になります。
不安や焦りがないと言えばウソになりますが、三十路を目前にしていた10年前に比べるとさっぱりした気分です。いろんなこと(一流のジャーナリストになる、など)を良くも悪くも諦めたからだと思います。ポンコツな自分を受け入れた上で、委縮せずに卑屈にならずに明るく暮らしていく所存です。

明るく暮らす、と簡単に書きましたが、実現するには工夫と努力が必要ですよね。
貯金は少なくてもいいけど借金はしない、完璧は無理でもそこそこの健康を保つ、仕事もしくは趣味で「夢中で取り組めるもの」を見つける、などが要素となると思います。

最近、同世代の友だちとおしゃべりをしていて、もう一つの要素を見つけました。「人間関係におけるサービス精神」です。
当たり前のことですが、僕たちはひとりきりで「明るく暮らす」ことはできません。一人暮らしであっても、生活をしていくためには人間関係は不可欠ですよね。

しかし、街中を歩いていると「金さえあれば人間関係など必要ない」と思っているかのような振る舞いをする大人(特に男性)が目につきます。常に無愛想で挨拶すらしない、店員に横暴な態度をする、絶対に道を譲らない、電車内で聴いている音楽の音量が大きすぎる、路上にゴミを捨てる、などですね。このような人が家族や同僚・友人だけには感じ良く接することはできないでしょう。年齢を重ねるごとに孤立して、寂しい末期を迎える気がします。

我が身を振り返りながら言い訳をすると、特に悪気はないのです。とにかく気が回らない、周りにも自分と同じ人間がいることを感覚としてわからない、どのように振る舞えば自他が気持ちよく過ごせるのかを知らない、ことが原因です。一言で言えば、サービス精神が欠落しています。

サービス精神といっても、おべんちゃらを言って媚びへつらうことではありません。他者の存在を認め、最低限の配慮をすることです。路上であれば道を譲り合い、ゴミはちゃんとゴミ箱に捨て、電車内ではできるだけ静かにし、店員であっても何かしてもらったら軽くお礼を言い、同じマンションの住人とは挨拶ぐらいは交し、会話するときは相手に興味を持って耳を傾け、女性にはレディファーストを心がける。基礎編はこれぐらいで十分ではないでしょうか。

上級編としては、愚痴や悪口を言うときはユーモア(バカな自分をみんなで笑うスタンス)で包む、などが挙げられますね。これは僕もまだ研究中です。

サービス精神を発揮しても黙殺されることもたまにはありますが、たいていの場合は相手も生き返ったように嬉しそうな表情をしてくれますよね。場合によっては、相手もこちらにサービスを返してくれることもあります。自分が幸せになるためには、周囲の人たちも気持ち良く過ごすことが不可欠である。当たり前のことですが、頭で覚えるのではなく体で実践して身に着けていくべきだと感じています。

常連客も一見客もいい顔で飲み食いをして、お互いに配慮して譲り合う小さな居酒屋。そんな店にいるつもりで日常を過ごせたら、四十路を明るく送れる気がします。
by jikkenkun2006 | 2015-09-26 12:10 | 週末コラム | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/24509242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AK at 2015-09-26 20:07 x
10年前の自分を振り返ると、未熟で狭量なイヤな自分がいます。10年経って少しでも進歩していればいいな、と思ったりしています。
冬洋さんもおっしゃってるように、自分だけが一方的にシアワセになるなんてことなくて、周囲の人々(知り合い、非知り合い、問わず)がいい気分になることで、自分にも明るい波動が返ってくるものだと思っています。自分が働きかけることで周りの人達もHappyになってくれればなおさらです。
Commented by jikkenkun2006 at 2015-09-27 20:38
>AKさん
コメントありがとうございます。明るい波動が返ってくる、という表現に共感しました。
Commented by pt at 2015-09-28 18:25 x
はじめまして^_^別の連載のオネット(オーネット?)楽しく読ませてもらいました。
その連載の中の、藤田隆さん?(海外経験ありの貧乏できる女性がいい方)はその後ご結婚とかされたんですか?私と考え方やバックボーンが似ていそうだなーと思いましたwネットで募集したらマッチする人いそう
すみませんなんかふと思ってなんとなく伝えたくてコメントしました^_^
私も友人を世話してみることがあるのですが、出会いの場って提供するのなかなか大変ですよね。頑張らず楽しんでくださいね^_^
Commented by jikkenkun2006 at 2015-09-28 20:23
>ptさん
コメントありがとうございます。藤田さん(仮名)は本当に魅力的な男性なのですが、「自分はお見合いには向かない」とのことなのでオネットは休会してもらいました。紹介したい女性はたくさんいるので、彼の気が変わる日をのんびりと待っています。
Commented by pt at 2015-09-28 22:38 x
お返事ありがとうございます。そうなんですね〜あまりここで書けませんがなんかほんと近いものを感じましたw

あと、私なりの婚活研究で、私の身近にも婚活おばちゃんがいるんですけど^_^、年の功なのかさすがよくわかってらして、私の知り合いがあれよあれよで1組結婚しまして。
そこから感じたのが、私や私の友達が、女の子に紹介するのってまだ婚活おばちゃんに比べて人生経験が足りないのか、ほぼ必ずとびきり男子なんですけど、そのおばちゃんはとびきり女子×とびきり男子ではないんですよね。
幹事だったり、友達だったら絶対張り切りたくなるのはわかるけど、きっとそれってもしかしたらまだ若いってことなのかなーと。私の周りではとびきり男子に女子が萎縮して失敗ていうパターン多いです。

おばちゃんは、とびきり女子(男性から見てそうとは言えないかもしれませんが、女子から見て申し分ない女性)×若干男性がなにかしら下手(ルックスかなにかわかりませんが、どちらかというと男性が追う感じ)ていう組み合わせで見事ドンピシャでした。

もし今後試行錯誤していかれる中で、機会がありましたら是非このパターンも試してみてください^_^連載これからも楽しみにしてます♫
Commented by jikkenkun2006 at 2015-09-30 00:21
>ptさん
素晴らしく現実感のあるお話ですね。可能であれば、その「婚活おばちゃん」にインタビューをさせてください。匿名でのご登場でもかまいません。よろしければ、toyo@omiyaoffice.comまでご連絡いただけると幸いです。
Commented by Kei at 2015-10-07 18:18 x
40女です。とても共感しました。女性には当然のものとして要求されていることばかり。路上にごみを捨てないwwそうそう、男性には「唾を吐かない」もお願いしたい。他人の唾液を踏んでしまった気持ち悪さ、わからないのかな?
Commented by jikkenkun2006 at 2015-10-09 21:24
>Keiさん
コメントありがとうございます。路上に唾や痰をはくのも一部の男性の悪行ですよね。本当にやめてほしいです。


<< 釣りに行きました ピーマンとジャコの炒め物を食べました >>