「ポジショニング戦略人間」への嫌悪

 こんばんは。大宮です。
 今夜は原稿を書き上げて気分がいいので、こんなときこそ今まで一度も書けなかった暗い話をしたいと思います。

 中学校時代の同級生に谷岡(仮名)という男がいました。谷岡とはクラスも部活も同じだったので、親兄弟の次に一緒にいる時間が長かったのですが、僕は谷岡が嫌いでした。谷岡は、一口に言うと「ポジショニング戦略で生きる男」。クラスでも部活でも、自分が人間関係でどのへんのポジションにいるのかをいち早く嗅ぎ分け、下にいると判断した人間は馬鹿にするか徹底的にいじめ、上の人間には媚びまくる。人間は社会的動物なので誰しも同じようなことを無意識にやってしまうものですが、谷岡は恥ずかしげもなく露骨にやるのです。

 僕は3年生の春までは谷岡よりも「上」だったためほとんど何も感じなかったのですが、修学旅行を境にクラスで孤立してしまい、半年ほど彼から陰湿ないやがらせを受けました。僕が孤立した原因は、クラスで一番力を持っていた不良とスポーツマンの行動を批判したことです。しかし、なぜかその不良やスポーツマンではなくて谷岡が率先して僕をいじめるのです。数日前までは僕にすり寄っていたくせに、手のひらを返したように残酷になった谷岡。理不尽すぎてどう反撃していいのかわからず、最後は彼に屈服してしまいました。卒業まで残り数ヶ月だったんだから戦い続ければよかったのに……。人生の汚点です。

 なぜ15年も昔の辛い思い出をわざわざ書くのかというと、最近、谷岡のような人間が増えているような気がするからです。以前、「消費税を20%にしてもいいから所得税を下げるべきだ。このままじゃ働く気がなくなる」といった発言をした女友達の話をどこかで書きました。彼女は今も大手出版社で働き、結婚相手の外資系金融マンとかわいい子どもと一緒に高級マンションで暮らしています。この夫婦はそれぞれすごい努力家だし、その努力は報われていい。でも、20代後半で都心の大きな高級マンションに住めるだけで十分に報われているとは思えないのでしょうか。消費税が20%になったらマトモな生活ができなくなる人が続出することを想像できないのでしょうか。

 彼女たちは、「私たちは頑張って勉強して有名大学に入り、頑張って働いて稼いでいる。どうして頑張らない貧乏人のために余計に税金を納めなければいけないのか」と反論するでしょう。正論ですが、大事なことを忘れている気がします。彼女たちが「頑張れる」のは、健康な体に生んでもらい、様々なことに安心して努力できる環境で育ててもらったという前提があるのです。
 でも、明日にでも事件や事故に遭遇して、自分や家族が頑張れない状態になってしまうかもしれません。中学生時代の僕のように、ポジションはいつでも変動しうるわけです。それでも彼女たちが「努力しない奴が悪い」と言い続けられるとは思えません。
 いや、そのときはさらに「下」の人間を見つけて、「生活保護を打ち切るべきだ」などと見下して優越感に浸るのかもしれません。あの谷岡のように。

 恥ずかしげもなくポジショニング戦略を取る人間を、僕は生理的に好きになれません。今度は戦い続けようと思います。中学生時代の自分のためにも。
by jikkenkun2006 | 2006-08-27 23:53 | 週末コラム | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/3184322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たけ at 2006-08-28 13:43 x
大宮さん こんにちは。
たけ@若松亭です。「悪の帝国」外資金融にいるものです。覚えてらっしゃいますでしょうか?

コラム、いつも興味深く拝見させていただいています。

仕事柄、統計とそこから見える因果関係を調べたりするのですが、今回の話で、「公平」と「衝平」について考えました。

「頑張る」と「頑張れる環境」の二軸で見た場合、
1. 頑張れる環境にあって頑張った人
2. 頑張れる環境にあるのに頑張らなかった人
3. 頑張れる環境にないのに頑張った人
4. 頑張れる環境になく、頑張れなかった人

「公平」だったら1=2=3=4になるでしょうし、
「衝平」だったらどうなるのかなぁ、3>1>4>2かなぁ
と思ったりします。加えて、この4パターンの内訳はどんな感じなんだろう?と考えたりしました。母数としては、1と2、3と4、1と3、2と4はどちらが大きいのかな?

消費税で考えた場合、現在の5%は「公平」ですよね。20%になってもある意味「公平」かと思います。もちろん、3→5%になったことで生活が苦しくなる人達よりも5→20%になったときのほうがはるかに増加するでしょうが。

Commented by たけ at 2006-08-28 13:44 x
<続き>

例えばですが、
食品には3%
住居費には5%
ブランドバッグには40%
自動車には100%
の消費税を課したらこれは「衝平」といえるのかな?

、、、とまあそんなことを考えました。

コメント欄が3行しか見えないので、すごい行き当たりばったりな文章になってしまってスイマセン。しかもなんとなく本題からそれてるし。

あ、「ポジショニング戦略で生きる男」、どこの世界でも同じ割合だけいると思います。うちの業界なんて、、、かなり多いかな(笑)


Commented by PNCR75K733 at 2006-08-28 20:40
痛い目に合わないと、分からないこと・感情ってあるんでしょうね。
私もポジショニング戦略に闘う派でいたいと思います。優しくならなきゃなぁ。。
Commented by jikkenkun2006 at 2006-08-28 23:15
>たけさん
あの「ビジネスマシーン」さんですよね。面白いコメントありがとうございます。公平とは機会平等、衡平とは結果平等を示す概念なのでしょうか。結果平等を実現するのは不可能だし、そんな社会は嫌ですが、最近の風潮は機会平等さえも奪いつつある気がします。自分がたまたま金持ちインテリ層にいるからといって、その階層(ポジション)を固定化しようとする言動をする人には「勝ち逃げ君」の烙印を押してやりたいです。

>PNCR75K733さん
共感していただき、嬉しいです。強くてきれいで優しい人になりたいですよね……。


<< 「ぶっかけいくら丼」を食べました キャベツと納豆のチャーハンを食... >>