いじめられている君へ

 こんばんは。大宮です。
 いま、朝日新聞に「いじめられている君へ」というリレーエッセイが載っています。僕にも原稿依頼が来るのを待っているのですが、なかなか来ないのでここに書いてみたいと思います。このブログに小・中・高校生の読者がどれだけいるのか疑問ですが、大人の方もよかったら読んでみてください。

***************

 僕もいじめられた経験があります。小学校高学年の3年間と、中学3年生の1年間です。体は大きいほうだったので暴力を振るわれたことはほとんどありませんが、嫌なことを言われたり無視をされたりしました。でも、「いじめられるような弱い人間」だと認めたくなかったので、誰にも相談できませんでした。そして、自分よりも弱い立場にいる人をいじめることで心のバランスを保っていたのです。胸に冷たいガラスが刺さっているような辛くて悔しい日々でした。

 あの頃いじめてしまった人たちには、深く謝りたいです。でも、いじめられるだけで合計4年間を過ごしていたら、辛抱弱い僕の心は壊れてしまったでしょう。振り返っても、今まで30年間の人生で一番辛い時期だったと思います。

 中学3年生のとき、僕は密かに決意しました。「勉強していい大学に入り、金と権力を使って俺をいじめた奴らを見返してやる。チャンスがあれば殺してやる」と。さすがに大学を卒業する頃には復讐心は薄れていましたが、本当にやりたいことよりも社会的に力を持てることを優先する人間になっていました。二度といじめられないために、精一杯強くなろうとしていたような気がします。でも、そのために自分自身が見えなくなり、最初の就職先を間違えて1年で辞めてしまいました。

 わずか1年で会社を辞めてフリーターになるなんて、僕が考えていた「パワーエリート」コースからの脱落を意味します。敗北者です。会社を辞めるとき、すごく怖かったです。肩書きが無くなってしまったら、またみんなからいじめられるんじゃないかと思ったのかもしれません。でも、無防備になった僕をいじめる人はほとんどいませんでした。友だちも変わらぬ態度で接してくれました。

 そのとき僕は、長い長い悪夢から醒めたような気がしました(正直に言えば、1年ぐらいかけてゆっくりと気づきました)。肩書きもお金もない僕をバカにしていじめる人もいるかもしれないけど、そんなことはしない人もたくさんいるのだと。

 大人の世界でもいじめはあります。いじめ歴が長い人もいますから、子どもの世界よりもずるくて残酷ないじめもあります。会社みたいにいろんな人が集まるところでは、「気が利かなくて仕事ができない人」がターゲットになり、みんなから陰口を言われたり、仲間外れにされたりします。なぜでしょうか。「俺たちはあいつよりマシだよね。だからいじめられないだろう」とみんな安心したいからです。人間は一人では生きられない動物なので、「いじめられて仲間外れにされるかもしれない」という不安がなくならない限り、いじめはなくならないと思います。

 でも、僕もようやく気づいたのですが、君を絶対にいじめない人もいます。ありのままの君を喜んで愛してくれる人もいます。家と学校を往復している生活では、両親ぐらいしかそんな人はいないかもしれませんが、大人になれば必ず出会います。すると、とても気が楽になります。「ここでは無視されたりしちゃうけど、あそこに帰れば大丈夫だ」という避難場所のような人たちが君を待っていてくれるのですから。

 君はいま何歳ですか。いじめられるのは本当にしんどいですよね。いじめる奴を憎み、いじめられる自分が嫌いになるでしょう。悲しいことですが、解決はしないかもしれません。でも、死んだりしてはいけませんよ。あと数年だけ何とか堪えてください。学校を卒業して、いろんな場所で生きられるようになれば、素敵な人たちに絶対に出会います。今からは想像もつかないほど楽しい日々が必ずやってきます。
 君も僕もいつか死んで人生を終えます。この運命は変えられませんが、急ぐことはありません。楽しいことをいっぱい経験してから死にませんか。
by jikkenkun2006 | 2006-12-10 23:58 | 週末コラム | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/4020383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coolsr99 at 2006-12-11 13:49
初めまして!面白いですね♪
Commented by 粥姫 at 2006-12-11 18:03 x
はじめまして。3日程前からこのブログを見つけて、面白いので実は密かに
ちらちら見させていただいていました。
ワタシも毎日新聞でそのコラムの欄には目を通しています。
なかなか面白い発想ですね。
センスありますよ!
これからも面白い事期待してます。
Commented by 横田 at 2006-12-11 18:26 x
避難場所のような人たち・・・・・いい言葉ですね。
納豆トーストの写真も面白いのですが、大宮さんのエッセーやコラムの大ファンです。また近くに来られた時に食事でも。是非。
Commented by jikkenkun2006 at 2006-12-12 00:55
>coolsr99さん
ありがとうございます。エキサイトブログ仲間ですね~。

>粥姫さん
コメントありがとうございます。あのコラム、毎日新聞でしたっけ? 僕は野口健のコラムが特に印象的でした。

>横田さん
お褒めの言葉、うれしいです。また永田町に行くときに寄らせていただきますね!
Commented by 粥姫 at 2006-12-13 10:10 x
あれは朝日新聞だと思います。でも他の新聞でも入ってるのかな?
詳しくはわかりませんが・・。
ワタシは野球選手の松井さんのものが印象に残っています。
うちのパパは彼にそっくりなので(笑)
これからも楽しみですね。
Commented by jikkenkun2006 at 2006-12-13 20:26
>粥姫さん
ゴジラ松井、僕も好きです。アメリカに行って、いい顔になりましたよね。


<< ご飯と味噌汁を食べました 納豆チャーハンを作りました >>