「外見がかわいくて聞き上手な女」がモテる?

 こんばんは。大宮です。

「男の人って、外見がかわいくて聞き上手な女が好きなんだよね、結局」

 今まで30年間の人生で、女友達から300回以上聞かされてきたコメントです。
 そのたびに「痛いところを突いてくるな」と思いつつも、そんなに単純ではないのだと反論(というか補足説明)を試みてきました。今後も同じような会話を数多く経験する可能性が高いので、文章化することで自分の考えをハッキリさせておきます。よかったらしばしお付き合いください。

(1)「外見がかわいい女が好き」について

 確かに女よりも男のほうが、異性の外見に関する評価基準が狭い気がします。
 女には「50歳ぐらいのオジサンじゃないと恋愛感情を持てない」「体重100キロ近いおデブちゃんに包まれたい」というフケセン・デブセンをはじめ、男の肉体への好みに多様性がありますよね。
 これに対して、8割がたの成人男性は「15歳~35歳のモデル体型の美女」にピクッと反応するはずです。もちろん、僕もその一人(各駅にあるPEACH JOHNの広告ポスターをいちいち凝視してしまいます)。だから、女よりも男のほうが「見た目重視」だと認めざるを得ません。
 しかし! 見た目だけで好きになるほどアホではありませんよ。外見は単なる一次試験の内容であり、二次試験はあくまでも「価値観や性格」でしょう。
 一次試験・二次試験などと書くと偉そうに思われるかもしれませんが、男女問わず誰でも無意識のうちに二段階の選考活動をしているはずです。「優しくて頼れる人ならば外見はどうでもいい。猿人でもいい」なんていう人はいないでしょう。もしいたら新興宗教の教祖になれます。
 問題は、男の場合は一次試験のハードルが高く、それを突破すると二次試験は自動的に合格してしまう傾向があることです。

「あの女の子、かわいいよなー」
「性格もイイんだよな」
「だと思ったよ! 俺、好きになっちゃったかも」

というアホ会話を男同士で交わしがちですが、「どうか性格も良くあってほしい」という願望を極限まで膨らませているか、自分の美しさを知っている女の精神的余裕(優越感)を性格の良さと勘違いしている、というケースが多いですよね。
 でもでも! 男だって痛い経験を重ねれば少しずつ変化していきますよ。「他の男にうらやましがられるような美人ではないけど、俺はぽっちゃり色白タイプが好きなんだ」とか「顔はキレイでも心もキレイとは限らないよね」という真実を体験的に学習するのです。一次試験(外見選考)基準は多様かつ低くなり、そのかわりに二次試験(性格選考)の比重が増していきます。

(2)「聞き上手な女が好き」について

 だんだんバカバカしくなってきましたが、書き続けます。
 
 合コンなどの戦場では、「面白いことを言う女は勝て(モテ)ない。面白いことを言っていると思っている男の話をよく聴いて笑う女が勝つ」という鉄則があります。もちろん、男にも例外はいますよ。「対等にディスカッションできるパートナーがほしい」と本気で思って実現しているナイスガイもいます。
 でも、男女平等教育が浸透した僕たちの世代ですらも、大半の男は「ボクちゃんのすげー話を聞いてよ。感心して誉めてよ。そんでもって支えてほしいな!」というボクちゃん体質が抜けないようです。正直言って僕もその一人ですよ。聞き上手な女の人、大好きっす。
「男は外で戦い、女は家を守る」なんて言ってられない低成長時代に、こんな体質では不幸になりやすい。そんなことはわかってます。わかっちゃいるけどやめにくいんです。団塊世代の親たちから植え付けられた「障害」の一種でしょう。現在、リハビリ中ですので長い目で見守ってください。
 ただし、一言だけ反論させてもらいます。
「聞き上手」というのは、ひたすらうなづいたり笑ったりすることではありません。ときどき合コンなどでそういう女性に遭遇しますが、「この人、俺の話をちゃんと聞いてんのかな。誰に対しても『聞き上手』を装っているんじゃないの?」と疑心暗鬼になります。
 真の聞き上手とは何か。それは、話し手自身も気づいていない話の面白さを引き出して価値を認めて応援できる人のことです。格好つけて言うと、話し手の内面にイノベーション(革新)を起こしてくれる人なのです。陳腐な冗談や自慢話にわざとらしく嬌声を上げるのは、ダメな話し手をますますダメにしてしまう「聞き下手」でしかありません。

大宮「俺さ、こないだこんな仕事をやり遂げて昇給しちゃったんだぜ」
A子「ふーん、そうなんだ」
大宮(あれ? いまいち反応が良くないぞ。まずい!)
大宮「そんでさ、課長に超ほめられちゃったんだ」
A子「ウフフ。かわいい。大宮さんって、その課長のことが大好きなんだね」

 このような会話をしてくれたら、「自慢話や収入のことを恥ずかしげもなく口にするのは野暮なんだ」という学びと同時に、「俺はあの課長を尊敬していたんだ。尊敬している人のために一生懸命働くって素敵なことなんだ」という自己発見ができるでしょう。
 自分の話や態度のどこを誉めてもらえると嬉しいのかは話し手によってそれぞれ違います。他人の話のどこを素晴らしいと思うかは聞き手によって違います。そのため、誰に対しても「話し上手」「聞き上手」であることは不可能であり、結局は「価値観と会話の相性が合う人」同士が惹かれあうのです。

 以上をまとめますと、

「男の多くは、外見がかわいくて聞き上手な女が好き。ただし、それぞれ好みはある」

 ということになります。え、当たり前ですか? すみません。
 熱く書きすぎて疲れたのでもう寝ます。
by jikkenkun2006 | 2007-04-08 23:54 | 週末コラム | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/5095508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ricoricex at 2007-04-10 00:30
わはは、この手の話題好き!
「男の人って、外見がかわいくて聞き上手な女が好き」
って、当然じゃないですか。
中には高慢な人もいるけど、私の周りの本気でかわいい/美人は性格もよい!
それって人をひがんだりねたんだりしないから、っていうのが大きいからだと思うの。
「きれいだねー」「かわいいねー」って言ったときに、
えへへって笑って否定しなところもよい!
喋ってもベクトルがネガティブじゃから、気持ちいい。
女の私がこう思うぐらいだから、
男の人なら余計にそう思うんじゃないかなぁ。
あっ、でも、植物系にはお気をつけ遊ばせ!
Commented by jikkenkun2006 at 2007-04-10 21:49
>ricoricexさん
ベクトルがネガティブじゃないっていいですね。確かにその通りかもしれません。植物系って何だろう?
Commented by ricoricex at 2007-04-13 00:55
植物系理論は自信ありますよ〜(笑)。
力説するたびにほぉ〜と感心されまくってるのです。
とはいえ、本気で話すと時間がかかるので簡単に。
女の人は大きく
・植物系(見た目ナチュラルで控え目な感じ、こぢんまりした顔で華奢)
・動物系(本能のままに動いてて、がさつというか豪快というか。ガタイもよい)
に分かれて、この植物系にの中には“食虫植物”もいるのです。
大変したたかに計算ずくで、
気がついたときには獲物をしっかり捕らえているという。
まあ、そんなの当人同士がよければよいわけで。
ただ、「オレ、あいつ大嫌い」「彼女、苦手なんだよなぁ」
なんて言いながら、結局落とされて、
後悔しつつずるずると、みたいなこと、みかけるたびに
すごいなぁー、と思っているのであります。
Commented by jikkenkun2006 at 2007-04-13 22:33
>ricoricexさん
爆笑しました。ノーベル賞ものの理論ですね! ちなみに僕は、植物系に言い寄られた経験は一度もありません。「養分少なそう」と見切られているのだと思います。
Commented by MK at 2007-04-16 21:55 x
ふむふむ・・・とっても勉強になりました!!!
私も、振り向いてもらうためには『自分の美しさを知っている女の精神的余裕』が必要だ、というところまではたどり着いてたのですが、聞き上手までは気づいてなかったなぁ・・・・・それが一番私に欠けてるとこだね!!!さて、明日から早速実践しよ~~っと。うふふ♪
Commented by jikkenkun2006 at 2007-04-16 23:21
>MKさん
ええ? 明日からさっそく実践しちゃうんですか? また一人、「魔性の女」を増やしてしまった……。
Commented by ricoricex at 2007-04-17 02:12
おほめにあずかり光栄です。
すっかり気分をよくして、こないだの週末、またもや植物系理論を力説して、感心された次第です。
しつこいようですが、追記です。

食虫植物さんのすごい(こわい)ところは、おとされた男性が気づかないところ。
端でみていてもおとすまでの経緯には気づかないのであります。
まさに虫も殺さぬ顔をして、とはよく言ったものです。
この理論をさらに押し進めるために、どんな男性がおとされているか考えてみたところ、
誰もが認める男前、ぷんぷんにおってきそうな男気あふれる人は選ばれてないみたい。
どちらかというと文科系のルックスは中の上ぐらいですなぁ。
「実験くん」さん、大丈夫ですか?
当てはまるようでしたらうかうかしてられませんよ。

MKさん、植物系のパワーは、どうやら天からのgiftのようです。
天性のものにはかないません!
植物系でない私は違うアプローチをと思っていましたが、
そーですね、まずは聞き上手から始めることですね。
目指せ!魔性の女
Commented by jikkenkun2006 at 2007-04-18 03:22
>ricoricexさん
植物系のターゲットになりやすい男性の特徴、鋭い指摘ですね。付け加えさせていただくと、社会的および経済的に安定している男性が選ばれる傾向があると思います。その点、僕は残念ながら対象外です。


<< ブロッコリーと鶏肉のスープ煮を... パチェッタを食べました >>