笑わない話

 こんばんは。夜10時を過ぎるとモジモジと内省したくなる大宮です。
 昨夜、松本人志の『すべらない話』(フジテレビ)を観ましたか? トップクラスの芸人たちが集まって、とっておきの笑い話を披露し合うという番組。さすがにどの話も面白い。僕は木村祐一のトークが好きなので、彼の顔を見ただけで気分が笑いモードになってしまいました。

 いま、「笑い」の権威は、芸能界だけでなく一般生活の中でも大きな位置を占めています。特に男性の場合、人気者になる条件は「仕事ができて面白い人」でしょう。高校生ぐらいまでは「スポーツができて面白い人」がモテているので、他人を笑わせられる能力は一貫して重要なことがわかります。

 僕も、誰かと会うと「笑わせなくちゃ」という気持ちが高まります。お笑い芸人のようなギャグはできないので、ちょっと過激な意見を言ったり自虐的な暴露話をしたりして、無理矢理にでも笑いを作ることが少なくありません。「場を盛り上げよう」というサービス精神よりも、「面白い男だと思われたい」という強迫観念があるからだと思います。面白い=男として価値がある、という等式が子ども時代から体に染み付いているのでしょう。

 しかし、自分が好きな人たちを思い出してみると、必ずしもお笑い芸人のような人ばかりではないことに気づきます。口下手でモゴモゴ話し、冗談の一つも言えないような男もいます。あまりの生真面目さが笑いを誘うようなケースもありますが、本人は不本意な様子です。

 僕たちはどうして他人とおしゃべりをするのでしょうか。仕事や生活の上で必要な情報交換をする場合を除けば、「楽しむため」と言っていいと思います。ではどんなときに楽しいと感じるのかといえば、「笑えるとき」というイメージを持ちがちです。でも、単に笑いたいだけならば、素人と会話なんかせずにテレビで松本人志や木村祐一のトークを観ていたほうが効率的に爆笑できます。

 会話の本質は、自己発見であると思います。誰かと議論を戦わせたり共感し合ったりする過程で、相手や自分の言葉の中に真実を発見する。一人で悶々と考えていても決して辿り着けなかったような力強い真実。昔から体の奥底に隠されていたはずだけれど、他者という存在がなかったら絶対に見つけられなかった「自己」を再認識する瞬間です。
 そのとき、孤独な自己が人類という全体にちょっと近づけたような高揚と安心を覚えます。笑いが起こることもありますが、静かな感動が胸のうちに広がるだけという場合のほうが多いでしょう。
 
 自分が一緒にいて感動を得られる相手であれば、その相手も同じように感じてくれるはずです。自然と友情や恋愛を育むことができるでしょう。そこには無理な笑いは必要ありません。

「面白い人気者」になることは二の次にして、笑わない話も共有できるような相手をもっと大事にしようと思います。
by jikkenkun2006 | 2007-06-03 23:58 | 週末コラム | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/5530512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dry-up-moon at 2007-06-04 00:40
私も、つい笑わせようとしてしまう人間です(*^_^*)
無理してでも、大げさに笑ったり、虚勢を張ったり。自分のキャラを保とうとしたり、自分をガードしたりしてるのかなとも思います。
親友となら確かに「笑わない話」をしまっくってるなぁと、このブログを観て思いました(^.^)

はじめまして&また面白いブログ書いてくださいね。
Commented by しまりん at 2007-06-04 08:12 x
笑い、って癒しですよね~。
大笑いだけでなく、笑顔や微笑、って本当に癒されるよね。
共感が生む安堵っていうのもあるかな。
Commented by saya at 2007-06-04 12:58 x
いつも興味深く読ませてもらってます。

今回のお話は、心から共感しました。
私はいつも、自分はつまらないと思ってウジウジしてしまう人間です。
”面白くない自分”がコンプレックスです。
でも、だんだんと笑わない話も共有できる相手が増えるにつれ、
おもしろくない自分も受け入れられるようになってきました。

なんとなく、コメントしたくなりました。
これからも楽しみにしてます。
Commented by jikkenkun2006 at 2007-06-04 23:03
>dry-up-moonさん
コメントありがとうございます。親友とは笑わない話をしまくっているって、いいですね。僕も旧友と飲みに行きたくなりました。

>しまりんさん
確かに、笑顔は気持ちいいですよね。でも、無理な笑いは必要ないと思うこの頃です。

>sayaさん
共感していただき嬉しいです。嬉しさついでに、今回の投稿で参考にした本を紹介させてもらってもいいですか。岡本太郎『自分の中に毒を持て』(青春文庫)です。よかったら読んでみてください。




<< 豚肉のしょうが焼きを作りました 自炊を休みました >>