威張る男との接し方

こんばんは。大宮です。
今日と明日、琵琶湖で遊ぶ予定です。
関西在住の仲間たちとの再会、岸辺でのバーベキュー、そしてビキニ姿の女性たち……。
ウホホ。超楽しみです!

気がかりなのは、東京-琵琶湖の往復移動。
早々に新幹線の切符は買いました。でも、予定の電車に乗り遅れるんじゃないか、間違えて東北新幹線に乗ってしまうんじゃないか、京都あたりで迷子になるんじゃないか、帰りの切符を買いそびれるんじゃないか、などなどの不安が高まっています。

電車だけではなく、僕は不慣れな機械やシステムを利用するのが苦手です。
さらっと書いた短所ですが、現代日本社会では圧倒的な不便を強いられるんですよ。
ネットの接続ができない、DVDプレーヤーを買う気になれない、車の運転ができない、マイレージが貯められない、国際電話のかけ方がわからない、ネットで何かを購入するときものすごく時間がかかる、などなど。
僕は電気との相性が悪いのかもしれません。江戸時代に生まれたかった。

そんな僕の数少ない長所の一つは、年齢や性別を問わずいろんな人と仲良くなって、良好な関係を維持できることです。
生活費数か月分の貯金を除けば、広く深い交友関係が唯一の財産だと思っています。

コツは一つしかありません。
自分のほうから相手を好きになること。
よく知らない相手をいきなり好きになるのは難しいって? 次のように考えれば大丈夫です。

「あんたは絶対オレのことが好きになるね。へえ、このオレの良さがわかるとはあんたはセンスいい。そんなあんたが大好きだ!」

微妙に論理が破綻していますがそんなことはどうでもいい。
魚心あれば水心、と言いますよね。
こちらが相手を好きになれば相手もこちらを好きになってくれるという美しい現象です。

この現象を応用して、「こいつはオレを好きになるはずだ」と無理にでも思い込むと、なぜか相手がいいヤツに見えてきます。その気持ちで柔らかく話しかけると、たいていの場合は相手も気を許してくれるものです。
それでも自分を好きになってくれないバカモノは放っておきましょう。

しかし、僕の「(水心→)魚心→水心」理論にも弱点があります。
ちゃんと会話する前から相手を嫌だと思ってしまうと悪循環に陥ることです。
「こいつは絶対オレを嫌いになってイジメようとする。だったら先にオレのほうから嫌いになってやる。お前なんか怖くないぞ、バカヤロー!」
というモードになってしまうのです。

僕の場合は、権力のある年上男性に対してこういう感情を持ちやすい。
出版社などの会社でふんぞり返っているような管理職を見かけると、わざと生意気な発言をぶつけてしまうことが少なくありません。
で、権威を傷つけられたと怒るようなオヤジには、さらに挑発的な態度をとってしまいます。
逆に、「面白いライターさんだね!」などと対等な目線で接してくれるオトナには、一発で心を許してしまったりします。
先生にはとりあえず反抗してみる素朴なヤンキー中学生みたいですね。

権力に対して卑屈になってしまう自分が怖いのかもしれません。
でも、よくよく考えてみると、威張っている人の多くは内面にコンプレックスや不安を抱えていることが多いですよね。怖がりという点では僕と変わりません。
「オレは怖い人じゃないよ。あなたを傷つけようとは思ってない」という姿勢で接すれば、相手もあんまり威張らなくなり、僕の相手に対する恐怖感も薄まるのでしょうか。

ちょっと威張った感じの年上男性にも、自然な「魚心」を抱けるようになりたい。
広い琵琶湖の水でチャプチャプしながらもう少し考えてみます。
by jikkenkun2006 | 2007-08-04 01:43 | 週末コラム | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/6045397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2007-08-04 07:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Meet at 2007-08-04 08:22 x
私も「魚心、水心」作戦実行してます。実験くんほどではありませんが、やっぱり最初の出会いで抱く心象が良い方が、お互いに打ち解け易いですよね。
権威を振り翳す偉そうな人って、誰よりもそんな上下関係に従順な人なのかも知れませんよね。だから立場が上の人の前では媚び諂うし、下の人の前ではふんぞり返って心を埋めたいのかも。でもそういう心構えだと、どんだけ此方が頑張っても互いの距離は遠いままな気もしますが。
私の場合、偉そうな人もそうですけど、人の話に耳を傾けられない人も苦手です。大学教授さんとかに割と多いタイプかも。。。
Commented by しまりん at 2007-08-05 12:31 x
琵琶湖は楽しかったですか~?天気は良かったのかな。日頃の行いでしょう。
私の場合、アサーティブを学んでから、人との向き合い方がだいぶ変わりました。向き合う=感情を持たない、と心がけています。
人と接する時、向き合うことは必ず必要。これは外せないと思っています。
向き合い、付き合いの経過の中でお互いが距離を縮めていきたいな~、という思いが持てて初めて感情を持つ、って感じでしょうか。
私も実験くん同様、先生にはとりあえず反抗してみる素朴なヤンキー中学生みたいなところがあった私も、だいぶ変わったなぁ・・と最近思います。
Commented by jikkenkun2006 at 2007-08-06 14:48
>ずんださん
コメントありがとうございます。琵琶湖から無事に生還しました(笑)。

>Meetさん
上下関係に従順な人や聞く耳を持たない人とは確かに距離を置きたくなりますよね。自分自身も気をつけたいです。

>しまりんさん
いいアドバイスをありがとうございます! まずは無心で向き合い、少しずつ相手への評価を決める、という姿勢になろうと思いました。


<< バーベキューをやりました くるみ納豆ブラウニーを食べました >>