意義のある仕事?

こんばんは。大宮です。
先週はお盆休みをとっていた方も多いのではないでしょうか。
今週からは仕事!ですね。暑さに負けずがんばりましょう。

仕事といえば、知り合いの雑誌編集者(20代女性)が会社の先輩(40代男性)からこんなことを言われたそうです。

「俺たちの仕事はさ、私生活を犠牲にしてまでやるほどの意義はないよ。お前も働きすぎて婚期が遅れないように気をつけな」

セクハラですよね、と当然ながら彼女は怒っていました。
僕は怒る前にその先輩に聞いてみたいです。
先輩、意義のある仕事って何ですか?

というのも、僕自身も学生時代はメディアの仕事を「虚業だ」と思っていたからです。
メディアだけでなく第三次産業全体を「男らしくない」仕事だと断じ、やっぱり男は製造業だよね、鉄は国家なり!とか言っていました。
で、洋服を作って販売する会社に就職しました。鉄ではないけれど、とにかくモノづくりの仕事ならば意義があるだろうと思ったからです。

働きながら肌で知ったのは、僕は洋服作りにも販売にも情熱が持てないという事実でした。
裾上げ作業にも気持ちが入らず、いい加減に縫ったパンツをお客さんに渡してクレームになったこともあります。
先輩、こんなパンツを売ってしまうようなモノづくりでも、意義ある仕事だと言えるのでしょうか?
美しい精密機械を作るような気持ちで雑誌を編集するとしても、意義のある仕事とは言えないのでしょうか。

仕事の意義は、労働内容や影響力の大きさにはありません。
自分自身がどれだけの情熱と責任感を持ってその仕事に取り組んでいるか、に意義の有無がかかっていると感じます。
手抜き弁護をする弁護士よりも、今夜のお客を喜ばせるために全力を尽くすソープ嬢のほうが素晴らしい。少なくとも僕は後者のほうを尊敬します。

仕事に無心で打ち込み、精一杯のモノやサービスを顧客に渡す。
この過程で、僕たちは予想もしなかった自分の興味や能力に気づきます。ひと仕事するたびに新しい自分と出会う。自己発見、自己実現の喜びです。
先輩、40代まで働いてもこの喜びを知らないんですか? 哀れな人生ですね。

大切なのは、「意義のある仕事」に就くことではなく、自分が夢中になれる仕事(適職)を見つけることだと思います。
by jikkenkun2006 | 2007-08-19 23:55 | 週末コラム | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/6161897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Meet at 2007-08-23 00:02 x
仰るとおり、仕事の意義とかやりがいなんて主観でしかはかれないんじゃないかと思います。有ると思える人に有るし、無いと感じる人にはいつまで経っても見つけられないものではないかと。
その先輩は「自分の仕事は生活を維持する為のもの」だとか、「誰かが稼いでくれるんだったらさっさと辞めても良いと思えるもの」だとか、そんな風に思って今まで来たのかも知れません。
その人にとって「意義のあること」ってきっと他に有るんでしょうね。何なのかちょっと気になります。
Commented by jikkenkun2006 at 2007-08-24 00:14
>Meetさん
コメントありがとうございます。その先輩は、おそらく家庭生活に意義を見出しているのだと思います。それはそれで素晴らしいことですが、他人のキャリアに口を出さないでほしいですよね。


<< キャベツと豚肉の炒め物を作りました 姪っ子に会いました >>