30過ぎ男が渇望する「世界観モテ」とは?

こんばんは。大宮です。
先日の深夜、友人(40代男性)とおしゃべりしていて、どちらからともなく心の叫びを漏らしてしまいました。

「モテたいね。30歳を過ぎたって、40歳を過ぎたって、女にモテたいよね……」

通常ならば、どうすればモテモテのカッコいい男になれるのか、という前向きな方法論に話題を展開させるべきですよね。しかし、「どんな風にモテたら俺たちは嬉しいのか」という妄想に終始するのが僕たちヘタレ男の特徴です。

「で、大宮くんはどんな女にモテたいの?」
「あらゆるジャンルの女から全方位的にモテたいです。恋人選びとは違いますからね。はっきり言って女なら誰でもいいんです」
「賛成! 俺たちはちやほやされたいんだ!」
「でも、モテ方には多少こだわりたいですね。どうでもいい誉め方をされても嬉しくないです」
「そうだよね。職業とか学歴とか着ている服のブランドとかで誉められても引いちゃうよね。安いキャバクラに行ったみたいで」

自分たちは20代の頃、「スッチーと合コンしたい!」とか「白百合を出たの? 髪の匂い嗅がせて!」とか言いつつ、イメージ先行の暴走行為を繰り返してきたことはすっかり忘れています。

「じゃあ、女の人からどんな風に誉められたら嬉しいですか?」
「俺の世界観を激賞されたいね」

くだらない話なのに「世界観」などという大仰なキーワードを使いたがるのも僕たちの特徴です。

ここで言う世界観とは、ある男が最も打ち込んでいる仕事や趣味を通じて感じられる(感じてほしい)人間性やセンス、ぐらいの意味です。世知辛い社会で揉まれてくたびれてきた男たちは、外形ではなく世界観でモテて、「俺は中身で認められている」と安心したいのです。

例えば、仕事は適当にやっているけれど趣味の料理には並々ならぬ情熱を持って取り組んでいる37歳の男性(早稲田大学卒、フジテレビ勤務)がいたとします。

ダメな誉め方その1
「フジテレビに勤めてるんですか? すごーい。『ファースト・キス』を毎回観てましたよ~」
→(またその反応かよ。新入社員の合コンじゃないんだからさ。っていうか俺はあの番組に関わってないし。もう仕事の話はやめてくれよ)

ダメな誉め方その2
「早稲田を出たんですよね? 頭いい~!」
→(あのさあ、マスコミ業界は「石を投げれば早稲田卒に当たる」状態なんだけど。もしかして政経に入れなかった俺のことを遠まわしにバカにしてる? 悪かったな、商学部で!)

ダメな誉め方その3
「この腕時計、ブルガリ!? ●●さんってお金持ち!」
→(わざわざブルガリを選んだ俺のセンスじゃなくて、ブルガリおよびお金が好きなわけね。お前なんかに金はやらないぞ。この店も割り勘だ)

では、彼の趣味である料理を手放しで誉めればいいのかというと、そこまで単純なわけではありません。

ダメな誉め方その4
「料理が趣味なんですか? 家庭的な男の人ってステキ~」
→(趣味だなんて言われたくないね。俺は仕事よりも料理で勝負しているんだ。俺のプロ級料理は家庭的なんかじゃないぞ!)

オーバー30歳の男心って面倒くさいですね……。無視してしまうのが一番ですが、「この男を落としたい!」と思ったら、次のようなアプローチをすれば簡単です。

初対面での会話では、彼の料理話をひたすら聞くことに努め、誉め言葉はできるだけ控えてください。そのうえで、「ホームパーティーがあったらぜひ誘ってください。一度、料理を食べてみたいです」と伝えます。最初のホームパーティーでも、誉め言葉は「おいしかったです」ぐらいに留めてください。ここが堪えどころです。そして、二度目(できれば三度目)のホームパーティーの食後、二人きりで話せるタイミングを見計らってじっくりと絶賛しましょう。

「●●さんの料理、おいしかったです。前回食べたときは感動しすぎてうまく言葉にできませんでした。ごめんなさい。でも、本当においしい。同じ素材とレシピを使っても、他の人にはできない味です。腕だけじゃなくて舌もいいんだと思います。天性なんでしょうね。うらやましいな。どう言ったらいいのかわからないけれど、すごく洗練されているのに温かさや懐かしさも感じる不思議な味でした。毎日でも食べたいけれど、毎日食べるのはもったいなすぎるような……。私、食べながら泣きそうになってしまいました」

こんな誉められ方(モテ方)をしたら、脳内温度が一瞬のうちに沸点に達し、恋愛モードへと突っ走ってしまうかもしれません。

いま、世の中の30過ぎ男が最も求めているものは、「世界観モテ」だと確信しています。
by jikkenkun2006 | 2007-09-30 23:58 | 週末コラム | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/6459068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あんどう at 2007-10-01 21:17 x
ども~。
なにやら女性誌の特集みたいなコラムですね。
ためになりました(笑)。またよろしくお願いします。
Commented by のりすヶ at 2007-10-01 21:41 x
モテたいな、ちやほやされたいな、と思うときには、
どんなに着飾ったり策を練ってもダメなのですが、
酔っ払って陽気に踊ったり、モリモリご飯を食べているときは、
なぜか見知らぬ老若男女や動物が寄ってきます。
無心に楽しんでいる実験くんは、きっと自然に人を惹きつけると思います!!
あ、でも、「惹きつける」くらいじゃ足りないですか…?王様的にモテないと。
Commented by あんどう at 2007-10-02 00:14 x
のりすヶさんがいいこと書いてますね!
ふむ!
せめて動物が寄ってくるように人生楽しみますワ!
Commented by jikkenkun2006 at 2007-10-02 00:26
>あんどうさん&のりすヶさん
楽しいコメントをありがとうございます! 無心で何かに取り組むことがポイントなんですね。いいことを聞いちゃったな。
Commented by た@北国 at 2007-10-02 19:30 x
これって、嘘でもいいから上手に褒めてくれ、ということですか?
なんか駆け引きだらけで面倒くさそう…。
Commented by jikkenkun2006 at 2007-10-03 00:42
>た@北国さん
鋭いコメントをありがとうございます。でも、利害関係が絡まない限り、まったく嘘ってことはありえない気がします。ちょっとでも真実があるのなら、上手に誉めてほしいです。
Commented by 西部警察① at 2007-10-03 09:40 x
実験君さん
ご無沙汰しております。女子もモテたいですよ。
私は酔っ払って陽気にチントンシャンテントン♪でも、異性どころか動物も寄ってきません・・・。
『世知辛い社会で揉まれてくたびれてきた男たちは、外形ではなく世界観でモテて、「俺は中身で認められている」と安心したいのです。』
とありますが、ナンパされても嬉しいんですよね。
内容がまとまりませんが、久しぶりなので興奮して書いてしまいました。
Commented by jikkenkun2006 at 2007-10-04 21:18
>西部警察①さん
コメントありがとうございます! 女性と男性の「嬉しいモテ方」の違い、気になります。研究してみますね。


<< 納豆卵丼を食べました パンを食べました >>