福田先生

こんにちは。大宮です。
関東地方は台風が襲来しています。
1時間後に都内で友人の結婚式があるのですが、暴風雨の中での門出になることは確実。
スーツはグショグショになるでしょう。替えの靴下を持って行こうかな……。
でも、新郎新婦だけでなく出席者の記憶に残る結婚式になりますよね。

記憶に残るといえば、忘れられない学校の先生っていますよね。
僕にとっては大学時代の福田雅章先生(刑法、刑事政策)です。

法律家は、「法律とは国家や多数者の横暴から個人を守るもの」を基本姿勢として持っているべきだと思います。福田先生もさまざまな刑事事件に携わり、一貫して犯罪者の人権を擁護していました。

僕が初めて福田先生に会ったのは大学1年生でした。「刑事法基礎論」みたいな授業名だったのに、教室に事件の当事者たちを呼んで議論をさせるといった無茶をしていました。当時、地下鉄サリン事件の衝撃が色濃く残っていたこともあり、オウム真理教の広報部長(荒木さんだっけ?)を招いたこともあります。公安関係者が尾行して来たりして、かなり緊迫した雰囲気でした。

先生の立場は、「法の手続きを踏んで捜査・取調べ・裁判をするべき。重大事件だからといって超法規的な措置は許されない」というもの。
麻原への信仰をやめない信徒に人権などあるのかという声には、「どこにも居場所がなくて宗教にすがった人たちにとって麻原はお母さん代わりだった。もしあなたのお母さんが大量殺人をしたらどうする。お母さんを捨てるのか」と反論していました。

当時のオウムバッシングはものすごく、朝青龍と沢尻エリカと亀田親子が共謀して殺人を犯したぐらいの騒ぎです。その状況下でオウム信徒を擁護するのはまさに「非国民」。カッターナイフを持っていたぐらいで逮捕されかねませんでした。
それでも福田先生はなぜか生き生きとしています。佐高信さんたちと事件の立会人を引き受けたりして平気そうです。
親しくなった後になって聞いてみました。もう少し悲壮感を出したほうが同情を買ったのではないか、と。
「いやあ、こういう(反権力の)活動は自分が楽しんでやらないと長続きしないんだよ」
と笑っていました。バカなのでしょうか。

僕は傍観者として福田先生の奮闘を眺めていただけですが、「何を考えているんだろう? 極端で面白い人だなあ」と思ったので3・4年生には彼のゼミナールに所属することにしました。ゼミでも先生は相変わらずで、法律書の輪読などはやってくれません。中学生のいじめ自殺事件などを題材にして、「なぜ彼は自殺したのか」「自殺はなぜいけないのか」といった答えがないようなテーマで夜まで議論を続けるといった内容(法律論は本庄さんという切れ者の大学院生が指導してくれたので、僕たちは陰で「本庄ゼミ」だと自称していました)。

福田先生はゼミでも、「自殺はいじめっ子のせいじゃない。親が殺したようなものだ」などといって議論を紛糾させていました。
「外でどんなにいじめられて、親の金を盗まなくちゃいけないほど追い詰められていても、『辛かったね。でも、生きていてくれてありがとう。お金を盗んでまでして生きていてくれてありがとう』と受け止めてくれる親がいたら、彼は自殺までしなかったはずだ」
と言うのです。要するに、人間には母親(的な存在)からの無償の愛が一番大切なのだということですね。それは納得できますが、社会の厳しさとルールを教える父親も二番目ぐらいに大事なのではないでしょうか。久しぶりに福田先生と議論してみたいです。

孤立や非難を恐れずに自分の意見を言える人、言わずにはいられない人が僕は好きです。
常に損している姿を、カッコイイというより愛らしいと感じるからです。こうやって思い出すだけで笑ってしまいます。
逆に、場の空気を読むのが上手で世論を代弁するような人は嫌いです。お前の話はつまらん!と言いたくなります。

特に学者は常識を覆すために存在するのではないでしょうか。世間や社会的強者に迎合する学者など存在意味がありません。
福田先生、いつまでも孤軍奮闘してください。ガリレオのように。
by jikkenkun2006 | 2007-10-27 16:00 | 週末コラム | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/6693195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2007-11-01 00:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jikkenkun2006 at 2007-11-01 00:49
>syuさん
コメントありがとう。確かに強烈で面白かったよね。いい意味で社会を疑うことを知った気がします。先生抜きでもゼミ仲間(あさひ荘メンバー)で夜通し語り合いたいね……。
Commented by jikkenkun2006 at 2013-05-17 22:55
>suntorinaさん
おお、どなただろう? ゼミ生ですよね。先生の個人情報な気がするのでコメントは非公開にさせてもらいますが、6月1日は僕も参加します。お声掛けくださいね。


<< 炒飯を作りました ベーコンとキャベツの炒め物を作... >>