熊本に行きました

f0084436_21435348.jpg<12月2日>

●朝食:ベーコン、サラダ、ソーセージ、など@上海のレストラン
●昼食:鶏肉の煮込み、など@中国東方航空機内
●夕食:サワラのアクアパッツァ、温野菜、豚ロースのチーズ焼き、アンチョビとルッコラのパスタ@熊本「COCO」/冷やしトマト、馬刺、辛しレンコン、馬ヒモの炙り焼き@熊本「YOKOBACHI」

 福岡空港で伯父たちと別れ、「つばめ」という特急で熊本に向かいました。憧れの熊本城! 豊臣秀吉から建築と土木の才を受け継いだ戦国武将・加藤清正が400年前に築いた最高傑作です。反り返るように積み上げられた高い石垣が幾重にも張り巡らされ、天守閣ははるか遠くに見えるだけ(写真)。まさに戦闘用の城です。攻城軍の武将になったつもりで絶望して楽しみました。
 夜は、大学時代の友人に会いました。東京での大学4年間以外はほとんど熊本で暮らしてきたという地元っ子です。熊本城を見た感動を伝えたら、「外の人はみんな喜ぶけど、俺たちには当たり前すぎてね。ローソンみたいなものだよ」と言っていました。日本三大名城の一つをコンビニ扱いとは……。
 その友人とは数年ぶりに会うので、学生時代を思い出して青臭いトークを楽しみました。主題は、「個人主義と寂しさ」について。誰かに近づくとお互いの針で傷つけ合ってしまうけど、遠ざかると肌寒い、という「ハリネズミのジレンマ」の話になりました。

●僕「自分だけ針を長くして相手だけを傷つけるという方法を試したことがあるけど、それでもやっぱり自分も傷つくんだよね。針の血糊がいつまでも消えないし。お互いに刺し合って、辛くなったら離れるほうがいいよね」
●友人「それが理想だけど、俺は傷つけるのも傷つけられるのも嫌だ。だから、誰とも距離を置いている。確かに肌寒いけど、自分が選んだ道だから他人のせいにはしないよ」
●僕「シブいね……。ところで、今回俺はひとりで熊本に来たんだけど、やっぱり夜はお前と飯が食えてよかったよ。丸一日ひとり旅は寂しいから」
●友人「俺はひとり旅でも全然平気。ていうか、熊本で家族と生活していてもずっと一人旅をしている気分だよ。もちろん、今もね」
●僕「お前はシブすぎるよ!」

 お互い全く違う性質だけど、たまには飯でも食おうよ。
by jikkenkun2006 | 2007-12-04 21:43 | 食日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/6991132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大分に行きました 江陰に行きました >>