勉強革命

こんばんは。大宮です。
毎晩、この時間になると妙にお腹が空いてくるのです。
健康や体型のことを考えると、明らかに食べないほうがいいですよね。
「食べない」という決断をするほど意思は強くないので、何を食べるかという問題になります。僕は、こないだ仕事で知った「キャベツ納豆」(キャベツの千切りをしょうゆと納豆と少量のマヨネーズでまぜまぜして完成)がお気に入りです。
さらに腹持ちがよくて低カロリーで簡単な食べ物があったら教えてほしいです。

さて、今日は1週間ほど前に起きた「勉強革命」について書きたいと思います。
先日、僕と同世代のカリスマ作家にインタビューする機会がありました。
壮絶ないじめられの過去があり、21歳で右翼団体に入り、脱会し、現在は不安定雇用や過労に苦しむ労働者問題に取り組んでいる女性です。
取材前に彼女の著作を何冊か読んだのですが、新しい著作になるにつれて知識量や分析力が飛躍的に向上していくのがわかります。尋常ではない進化のスピードです。

で、インタビューをしていて気付いたのは、人間観というかスタンスがはっきりしていることです。
「私はこの社会が生きづらくて何度も自殺未遂をしました。だから、誰かが追い詰められるように死んでいくことが一番許せない。そんな世の中に激しい怒りを感じます」
と言っていました。それが彼女の確固たるスタンスなのです。

平和なはずの日本で、なぜ毎年3万人以上も自殺者が出ているのか。餓死寸前のホームレスやネット難民が救われないのか。その予備軍である派遣や請負労働者が増えている背景は何なのか。
個人的な怒りを起点にして、国内外の政治・社会・経済について貪欲に勉強して、文章という形で思い切って発信し、読者から返ってくる反応をさらに自分の糧にしていく――。

今までの「勉強」の定義を覆されたような衝撃でした。
「社会人として知らないと恥ずかしい気がする情報(日銀総裁の人事とか)を一応知っておくこと」や「直近の目的(原稿のテーマとか)を達するために必要な知識や論理を得ること」は、その場しのぎの吸収であって、翌日には忘れてしまうような内容ばかりです。
それぞれの情報に対して自分なりの価値付けができていないからでしょう。

でも、この作家のように学べば、さまざまな事象が意味を持って見えてくるような気がします。「この情報は自分にとっては無価値である」という判断もできるようになるでしょう。
新聞を読むのも格段に面白くなるはずです。
もちろん、勉強する過程で考え方や情報を修正することもありますが、幼い頃から体験的に身についた人間観のようなものは簡単には揺るぎません。まずはそれをはっきりと認識しなければ、本当の勉強は始まらないのです。

そういえば、学生時代に卒論を書こうとしたとき、ゼミの先生からこう言われたことを思い出しました。

「問題意識がなければ、いくら時間をかけてもどんなに頭が良くても論文なんて書けないよ」

当時は、「何言ってんだよ、このオヤジは。最初から問題意識があったら客観的な文章は書けないじゃん」と思っていました。
しかし、僕は客観性と相対性を混同していたようです。
自分の価値観や見方は他人のとは別物であるという相対的な考え方は大切ですが、世の中には客観的な事実が存在するなんていうのは思い込みですよね。殺人事件ひとつでも、本当の理由なんて犯人自身すらわからないでしょう。

価値観やスタンスを先にしっかり持たなければ、どんなに「勉強」しても情報の海を漂い続けて海水をがぶ飲みして太るだけで終わってしまう。いつまで経っても世の中を自分なりに捉えることはできない。

遅まきながら我が身に起きたこの勉強革命。夜食の食べすぎで忘れないようにしたいです。
by jikkenkun2006 | 2008-03-15 01:08 | 週末コラム | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/7662615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by た@寒い国 at 2008-03-15 06:45 x
非常にタメになる記事で、うんうんと頷きながら読みました。
僕に関連する文脈に引き寄せて考えると、
歴史家は過去に起こったことに客観的でいられるのか?という問いに近いですね。
とくに最後に海の比喩は、E.H.カー『歴史とは何か』(岩波新書)に似たような面白い記述があるので紹介します。

「事実というのは決して魚屋の店先にある魚のようなものではありません。事実は、広大な、時には近よることも出来ぬ海の中を泳ぎ廻っている魚のようなもので、歴史家が何を捕らえるかは、偶然にもよりますけれども、多くは彼が海のどの辺で釣りをするか、どんな釣具を使うか--もちろん、この二つの要素は彼が捕らえようとする魚の種類によって決定されますが--によるのです。」(29頁)
Commented by いけはた at 2008-03-15 13:26 x
大宮さん、こんにちは。
ちょうど1ヶ月ほど前にお邪魔しました池端です。
ご無沙汰しております!
私も新しい世界に飛び込んでまずは勉強、勉強と思っていたところですが
ちょっと新しい情報や基本情報の波に溺れかけてました。
勉強にも自分らしさの軸が必要ですね。

こちら時々のぞいてました。
おいしい自炊しておからだご自愛くださいね。
夜遅く食べないようにするには、早寝早起き型になるというのも一つの策略です。
Commented by ふじバナナ at 2008-03-15 18:34 x
はじめてコメントします。とても深い文面に その作家さんがとても気になりました。 そして ますます大宮さんのこと よいなあと感じ入ってしまいました。 これからも なあなあになって 腐りそうな私を 触発しつづけてください。
Commented by パセリ at 2008-03-16 01:04 x
ふじバナナさん、同感です!

夜食にお豆腐、プレーンヨーグルトは低カロリーで簡単です。でも腹持ちは??
Commented by jikkenkun2006 at 2008-03-16 23:41
>た@寒い国さん
より勉強になるコメントをありがとうございます。さすが大歴史家、いいことを言いますね~。

>いけはたさん
コメントありがとうございます。ライター同士、問題意識と健康を大事にしてがんばっていきましょうね。

>ふじバナナさん
うれしいコメントをありがとうございます。励みになります。その作家は、雨宮処凛という方です。命そのものがぶつかってくるようなすごい文章に憧れています。

>パセリさん
おすすめメニュー、感謝です。豆腐!いいですね。



<< 自炊を休みました 実家で食べました >>