納豆キムチ目玉焼き丼を作りました

f0084436_23195695.jpg●昼食:納豆キムチ目玉焼き丼
●夕食:カツ丼、お新香by千駄木の蕎麦屋

 中村うさぎ『美人とは何か?』(文芸社)を読んでいます。ブランド依存、ホスト通い、美容整形、さらにはデリヘル嬢バイトなどの実体験をもとに、現代に生きる女性の欲望と自意識を書いてきた著者の容赦なき「美人VSブス」論です。
 本文も面白いのですが、最後に掲載されている「ブス神」による鼎談は圧巻です。中村氏の相手は、テレビでも活躍している「デブ女装コラムニスト」のマツコ・デラックス氏と、「ホラー系ドラァグ・クィーン」のエスムラルダ氏。外見コンプレックスを持て余しながら生き抜いてきた3人が行き着いた結論は、切なくて温かいものです。

<マツコ:結局さ、人間の生きるうえでのテーマは孤独との戦いだってことなのよ。身も蓋もない話かもしれないけどさ。
中村:そうね。
マツコ:美人でも学歴があっても、人って孤独を埋められるわけじゃないとわかったら、比較的すべてのことに滅入ることなく生きられるようになったのよ。週末ずっと一人で家にいても、焦らなくなったし。
エスムラルダ:孤独は孤独でありだよね。
中村:孤独を感じる感受性がない場合もあるのよね。皆とワイワイしてれば孤独じゃないような気がしてさ。でも、どんなに望んでも他人と同一化することなんてできないんだしね。>

 テレビで観るマツコ・デラックス氏は「やたらに大きくて毒舌な人」ぐらいのイメージしかありませんでしたが、この鼎談で認識を新たにしました。著書を読んでみようかと思います。
by jikkenkun2006 | 2008-04-08 23:20 | 食日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/7815276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 『西荻丼』16号 豚肉とキャベツの炒め物を作りました >>