平戸と長崎へ行きました

f0084436_0181762.jpg<8月10日>

●朝食:ベーコン、ソーセージ、味噌汁、サラダ@平戸「平戸海上ホテル」
●昼食:ちゃんぽん@平戸「森藤食堂」
●夕食:サラダ、アジのムニエル、トルコライス@長崎「ビストロ ボルドー」

 豊臣政権末期から明治初期まで、300年近くも続いたキリスト教禁教時代。信仰がバレると、残虐な拷問の末に死刑になったそうです。長崎県の外海地域と無数の諸島では、外国人神父が根絶してしまった後も、「隠れ切支丹」として信仰を守り続けたというからすごいですよね。
 平戸島の奥地にもそんな隠れ切支丹たちの集落があったようです。その一つ、紐差(ひもさし)に明治期になってから作られた教会を訪ねました。小さな町の一番高い場所に白い教会が建てられています。ちょうど正午。行政のサイレン音に対抗するように、激しく鐘を打ち鳴らしていました。キレイ事では済まない宗教の歴史と現在を感じます。日本にもこんな町があったんですね。
by jikkenkun2006 | 2008-08-11 23:57 | 食日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/8822658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ナスと玉ねぎの味噌汁を作りました 佐世保と平戸に行きました >>