倉敷に行きました

f0084436_23281346.jpg●朝食:ホットドッグ@岡山「フレッシュネスバーガー」
●昼食:茄子カレー@倉敷「無国籍料理KUKU」
●夕食:豚のしょうが焼き定食@西荻「大戸屋」

 岡山から電車で20分弱のところにある倉敷へ行きました。古い町屋が残されている街。京都に似ているなと思ったら、文化都市であることから二次大戦期にアメリカ軍の爆撃目標から外されたそうです。文化は強し……。その中心に位置し続けるのが、西洋絵画の名作などが揃う大原美術館。確かにすごかったです。普通の美術館とはスタッフの気位からして違う、という感じがします。僕は、芹沢銈介という染色作家の可愛らしい作品群に惹きつけられました。
 帰路、城山三郎『わしの眼は十年先が見える』(新潮文庫)を読みました。大原美術館の創設者である企業家、大原孫三郎の伝記小説です。「金は使うためにあるのであって、人は金のために在るのではない」 どれだけ稼ぐかよりもいかに使うかのほうが大切だということを教えてくれる小説でした。
by jikkenkun2006 | 2008-11-03 23:27 | 食日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syokulife.exblog.jp/tb/9569137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 自炊を休みました 岡山へ行きました >>