<   2006年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧

次の愛に行きます

 こんばんは。大宮です。
 今年も残すところ一日になりましたね。自分にとってどんな一年だったんだろうと手帳をパラパラめくって振り返ってみると、仕事の面ではそれなりに充実していたようです。初の著書(共著ですが)を出版できたし、僕には敷居が高かった雑誌『プレジデント』で長めのルポを任せてもらう夢も叶いました。そして、『食彩浪漫』の元編集長Y氏のアドバイスでこのブログを書き始めたのも今年からです。がんばった&楽しかった!

 一方で、女性関係では激しく落ち込んだ1年でした。大凶です。とても好きな女性に決定的に振られてしまい、内臓が飛び出るのではないかと思うぐらい苦しみました。「大宮君は惚れっぽいから大変ね~」と友人から笑われる僕ですが、本気で好きになった女性は今まで4人しかいません。十分多いって? まあ、聞いてください。「あの人、素敵だなあ。ぜひ一度デートしたい」と思う程度ならば、山手線の新宿―渋谷間で3人ぐらい出会います。しかし、これだけ美女が多くなった東京で暮らし続けているのに、想うだけでどうしようもなく体が熱くなるほどの女性が過去4人というのは少なすぎる!

 ええっと、話が見えなくなってきたので、戻します。最高潮にヘコんでいたときは毎日こんな風にグルグル考えていました。

「ああ、ダメになってしまった。1ヶ月前にタイムスリップしてすべてをやり直したい。あの頃は楽しかった……。でも、もう戻れないんだ。取り返しがつかない。こんなに好きになれる女性は他にいないのに。ダメだ、ダメだ。この痛みと一緒に体ごと蒸発してしまいたい……」

 時間の流れというのはありがたいもので、今ではかなり平気で過ごせるようになりました。夜な夜な布団の中でもだえ苦しむこともありません。といっても、彼女に再アタックするわけではありませんよ(もう十分アタックしました)。残り数十年しかない人生では、失った愛情を取り戻すことは不可能です。ストーカーにはなりたくありません。彼女との関係性上の僕は死にました。
 でも、一人の女性との関係をあきらめたからといって僕自身の愛情が死んだわけではないんですね。最近読んだ古い本の中にこんな文章がありました。ちょっと長めですが引用します。

<愛は、もともとある特定な対象によって「惹きおこされる」ものではない。それは人間のなかに潜むもやもやしたもので、「対象」はただそれを、現実化するにすぎない。憎悪は破壊を求めるはげしい欲望であり、愛はある「対象」を肯定しようとする情熱的な欲求である。すなわち愛は「好むこと」ではなくて、その対象の幸福、成長、自由を目指す積極的な追求であり、内面的なつながりである。それは原則として、われわれをも含めたすべての人間やすべての事象に向けられるよう準備されている。排他的な愛というのはそれ自身一つの矛盾である。
(中略)
ある特殊な「対象」への愛は、一人の人間のうちのもやもやした愛が、現実化し集中化したものにすぎないということである。それは、ロマンティックな恋愛観のいうように、人間が愛することのできるのは、この世でたった一人しかいないとか、そのような人間をみつけることが人生の大きな幸運であるとか、その人間に対する愛は他のすべてのものから退くことであるとかいうようなものではない。ただ一人の人間についてだけ経験されるような愛は、まさにそのことによって、それは愛ではなく、サド・マゾヒズム的な執着であることを示している。
(中略)
一人の人間にたいする愛は人間そのものにたいする愛である。>
(エーリッヒ・フロム『自由からの逃走』日高六郎訳)


 失恋から立ち直れないのは愛ではなくSM的執着だ、とは言いすぎな気もしますが、「こんなに好きになれる女性は他にいない」なんて言うのはおこがましいかもしれませんね。自分自身を含めた人間を可愛くて素晴らしい存在だと感じられるならば、愛を注ぐ対象は一人ではないことは明らかです。
 いい本に出会ったぜ!という感動を女友だちに伝えたら、意外にあっさりした返事でした。

「っていうか、それ、当たり前じゃない? 私は一つの恋愛が終わったら、『次はもっとステキな恋をするぞ!』と張り切る。浮気は面倒くさいからしたくないけど、いま付き合っている男が『唯一最後の人』だなんて思ったことはないよ。たとえ結婚してもね」

 え、当たり前だったんですか。すごい発見をしたと興奮していたのに……。
 とにかく今年は存分にウジウジしました。来年は「次の愛」を見つけに行こうと思います。
by jikkenkun2006 | 2006-12-31 00:08 | 週末コラム | Trackback | Comments(5)

お餅を食べました

f0084436_2213335.jpg●昼食:前菜各種、あさりとキャベツのパスタ、茄子とトマトのパスタ、金目鯛の姿煮@葉山「ピスカリア」
●夕食:お餅、コーンスープ@逗子の友人宅/コンビニおにぎり、わかめ味噌汁

 逗子で一人暮らしをしている友人に会いに行きました。ビーチサンダルが大量に並んでいる店や新鮮な魚料理を出すレストランに案内してもらうと、海中心に動いている街なんだなあと感じます。夕方、彼の家でウダウダしていたらお餅を焼いてくれました。お、これは不思議な味がする……。海苔の下にチーズを入れたんだそうです。やるねえ~。
by jikkenkun2006 | 2006-12-30 22:13 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

鍋を食べさせてもらいました

f0084436_1273480.jpg
●朝食:じゃがいもと牛肉の炒め物カレー風味
●昼食:カオソイ@西荻「ナムチャイ」
●夕食:いろいろ鍋、おにぎり@東村山の実家/ラザニア風の食べ物、チーズ、など@品川の知人宅

 今日は事務所を大掃除しました。先輩ライターの北尾さんとイラストレーターの下間さんと一緒に借り始めて丸1年。生活の場ではないので激しく汚れることはありませんが、ホコリはかなりたまっていました。僕はトイレを主に担当し、ユニクロ勤務時代を思い出しながらの徹底清掃。思い返せば6年前の今頃は、毎朝、大声で唱和をしていたっけ。「ユニクロ基本方針! キレイな売り場にします!……!!」  非体育会系の僕には辛かったです。
 夜は、実家で鍋を食べさせてもらいました。毎年末、叔父(元広告マンで現在は漫画家)が買い出しから鍋奉行まですべて取り仕切ってくれる食事会があるのです。ああ、旨い~。でも、携帯カメラで撮影しようとすると、「待て待て! 野菜と海老のバランスを悪い。盛り直すからちょっと待て」などと言うんです。おじさん、CMの撮影じゃないんすよ。
 鍋を食い逃げして、品川の億ションに住んでいる知人の忘年パーティーにも参加しました。最上階に住民用のラウンジがあって、東京タワーを眺めながら会食するという趣向。ここに自分が住んでいる妄想を存分に楽しみ、さきほど西荻に帰って来ました。
by jikkenkun2006 | 2006-12-29 23:27 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

自炊を休みました

●昼食:カイヂァオムーサップ、スープ@西荻「ぷあん」
●夕食:刺身盛り合わせ、生湯葉の刺身、銀杏、土鍋ご飯、など@汐留「えん」

 フリーランスで一人暮らしをしていると、世の中の時間感覚を忘れてしまいがちです。例えば、土日を含めて「休日」はほとんどありません。一日の中に仕事と遊びと休息がごちゃごちゃに詰まっていて、それが毎日続く感じ。それが好きなのでこの働き方をしているのですが、良き慣習までも忘れてはいけませんよね。その一つが大掃除。料理はできるだけ毎日している一方で、掃除は週に一度ぐらいしかやりません。しかもいい加減に。一年も経つと様々なところに汚れやホコリがたまってしまいます。今日は2時間ほどかけて、居間(しかありませんが)・トイレ・風呂場・台所を鬼のように磨きました。残すはエアコンです。微妙に面倒くさいんだよな……。
by jikkenkun2006 | 2006-12-28 23:52 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

牛肉とじゃがいもの生姜焼きを作りました

f0084436_20584995.jpg●昼食:ベーコンチーズバーガー@西荻「ヴィレッジヴァンガードダイナー」
●夕食:牛肉とじゃがいもの生姜焼き、アボカド

 肉じゃがを作ろうと思ったんです。買い物を終えて玄関を開けた瞬間に気づきました。「たまねぎを買い忘れた……」。再び商店街まで戻る気力はなかったので、自己流でおかずを作ってみました。牛肉を炒めて、細く切ったじゃがいもとすりおろした生姜を入れ、酒+しょうゆ+みりんで味付け。うーん、いまいち! ナンプラーをたらしたアボカドのおいしさが際立ちました。
by jikkenkun2006 | 2006-12-27 20:58 | 食日記 | Trackback | Comments(3)

また目玉焼きを作りました

f0084436_21494593.jpg●朝食:目玉焼き、マーガリントースト、りんご
●昼食:寿司、など@新宿「竹山」
●夕食:前菜の盛り合わせ、豚丼、れんこんのきんぴら@西荻「るあんぺん」

 今日はすごい雨量ですね。よく考えてみると、上空から水が落ちてくるって不思議です。絵本『晴れときどきブタ』では豚が、映画『マグノリア』ではカエルが空から降ってきます。恐ろしいですね。
 さきほど今年最後の締め切りを終えました。いろいろあったけど、今年も精一杯がんばったよな、俺。馴染みのお店に行って一人乾杯をしました。
by jikkenkun2006 | 2006-12-26 21:49 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

目玉焼きを食べました

f0084436_2345944.jpg●朝食:目玉焼き、チンゲンサイの炒め物、ジャコ入り目玉焼き、わかめのお吸い物@東村山の実家
●昼食:ナシゴレン、トマトサラダ、など@代々木上原「ファイヤーキングカフェ」
●夕食:白身魚のソテー、など@西荻のレストラン

 mixiにハマっている父親(68)が、僕の真似をして食日記をmixiに載せているそうです。「粗食がばれて恥ずかしい」「お父さんはほうれん草と小松菜の違いも分からないから毎日説明するのが面倒」などと母はかなり嫌がっています。僕は口のはさみようがありませんでした。父子でご迷惑かけます……。
by jikkenkun2006 | 2006-12-25 23:45 | 食日記 | Trackback | Comments(6)

キムジャンに行きました

f0084436_2335671.jpg<12月24日>

●昼食:おにぎり、ナムル、ゴボウの天ぷら、など@鶴見の友人宅
●夕食:モスチキン、ほうれん草のおひたし、わかめのお吸い物、など@東村山の実家

 韓国では、年末に近所が集まってキムジャン(キムチ作りの会)をやるのが恒例なんだそうです。3年ほど前に『きょうの料理』の取材で知り合った韓国好き夫妻主催のキムジャンに、オモニ(母)、サドン(外戚)、チング(友人)たちを引き連れて参加しました。4分の1ぐらいに縦カットした白菜に、ヤンニョム(キムチの具)をはさみ込み、丸めてキムチ玉を作るのです。キムチ玉で山盛りのポリバケツが並ぶ光景は、「どこまでキムチ好きなんだよ」と突っ込みたくなるほどでした。
 ちなみに僕のクリスマスイブの恒例は、「両親とモスチキン」です。5本注文し、僕は3本もらいました。うまいよう。
by jikkenkun2006 | 2006-12-25 23:35 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

納豆オムレツを作りました

f0084436_0165266.jpg●朝食:納豆オムレツ、わかめ味噌汁
●昼食:ほうれん草とチーズのカレー、マトンカレー@麹町のインドカレー屋
●夕食:タイ風ソーセージ、ヤムウンセン、タイ風鍋、バーミーヘン、など@西荻「ぷあん」

 醤油が切れていたので、塩を多めに加えた溶き卵で納豆オムレツを作りました。上手に食べるのは難しいのでご飯にのせてグチャグチャしてしまいました。旨い!
 夜は、地元で『西荻丼』というフリーペーパーを作っているサークル仲間と忘年会。「あそこの銭湯は柚子湯をやってくれる」などの地元ネタで盛り上がりました。嬉しくなって通常の1.5倍の量を食べてしまい、ヘソの形が変わるほどお腹がポンポンになりました。
by jikkenkun2006 | 2006-12-23 23:10 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

コンビニ弁当を食べました

f0084436_085860.jpg●昼食:豚塩カルビ弁当
●夕食:イカの梅肉和え、ホイコーロー、青菜の炒め物、餃子、ニラ饅頭、春巻き、五目チャーハン、など@国立「長江菜館」

 自分へのクリスマスプレゼントは買いましたか? 僕は10年来の軽い鼻炎を徹底治療してあげることにしました。鼻が良くなれば、食事がさらにおいしくなるし、声もきれいになりますからね。さっそくお医者さんに行ったところ、「どうして10年も放っておいたの?」と呆れられました。治療が面倒くさくて放置していたんですとは言えず、笑って誤魔化しました。真面目に薬を飲もうと思います。
 夜は大学時代の恩師らと会食。恩師は68歳の刑法学者なのですが、全然落ち着きがない人です。今夜は「私の理論には重大な欠陥があると指摘されちゃった!」とはしゃいでいました。欠陥を指摘されて何が嬉しいのか不明です。まあ、元気ならいいですよ。楽しく生きてください。
by jikkenkun2006 | 2006-12-23 00:09 | 食日記 | Trackback | Comments(0)