<   2007年 07月 ( 39 )   > この月の画像一覧

自炊を休みました

f0084436_0522913.jpg●昼食:納豆料理いろいろ@恵比寿「ウェスティンホテル」
●夕食:刺身盛り合わせ、長芋の磯辺焼き、サラダ、はまぐりの酒蒸し、水茄子、など@西荻「しんぽ」

「大宮」という名字ってあんまりポピュラーではないですよね。埼玉県の「大宮市」も市町村合併で消滅してしまったし……。そんなとき、本郷の喫茶店でこんなコップを見つけました。Omiya。え? 俺の専用コップ? 実は、「近江屋」という店名なのでした。Omiya違いでしたね。
by jikkenkun2006 | 2007-07-31 23:58 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

納豆卵ご飯を食べました

f0084436_23342336.jpg●昼食:納豆卵ご飯、わかめ味噌汁
●夕食:うな重@西荻「かのこ」

 美容室のポイントカードが貯まりました。「男性でも無料でトリートメントを受けられますよ」と言われ、何のことかわからないままやってもらうことに。でも、短髪の僕にトリートメントなんて必要あるんでしょうか?
 聞けば、髪ではなく頭皮をキレイにするトリートメントらしい。ヒヤッとする清涼剤入りシャンプーで念入りに頭を洗われた後、頭に銀色の袋をかぶせられて蒸気を当てられました。袋で異様に頭がでかくなった姿は、『ドラゴンボール』の神様(ナメック星人)に似ていると思いました。女の人たちは、日々こんな恥ずかしいコスプレに耐えて外見力をアップさせているんですね。すごい努力です。
by jikkenkun2006 | 2007-07-30 23:37 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

ひとりでも生きる

こんばんは。大宮です。
ひまわりの一輪挿しを部屋に飾っています。夏なのに一週間も枯れずに咲き続けています。ひまわりの生命力ってすごいですね。

いま、未婚化・核家族化・高齢化の進展によって、一人暮らしが日本で最も多い生活スタイルになっているそうです。
先日、週刊『東洋経済』の「ひとりで生きる」という特集に参加し、40代と50代の未婚男性がけっこう楽しく暮らしている様子を記事にしました。

こういう記事を書くと、「それでもやっぱり家族はいいよ」とか「若いうちはひとりでいいけど老後は寂しいよ」という反論を受けます。
僕は家族の価値を否定するつもりはありません。もし、ものすごく子どもが欲しいのであれば、男性も女性もできるだけ早めに結婚相手を見つけるべきだとも思います。

でも、自分の家族ができることと充実した人生を送ることは別問題であるような気がします。家族に囲まれていても空しい顔の人もいるし、ずっと一人で暮らしていても味わいのあるいい顔をしている人もいますよね。

僕の周囲を見ると、充実した生活をしている人の共通点は「ひとりでも生きる覚悟」があることです。
いまは家族がいても、離婚や死別などの理由でいずれ別れることになる。そうなったらそれぞれが新しい生活を楽しむしかないよね、という認識。
冷たいように聞こえますが、この覚悟があるからこそ今のつながりを大事にできるのではないでしょうか。

「何があっても絶対に失うことがない」と過信した人間関係には、軽んじ合いながらも甘え合うような不潔さが漂い始めます。

僕はかつて恋人に甘えかかりすぎ、愛情を試すようなマネ(浮気の告白です)までして愛想をつかされた経験があります。取り返しのつかない過ちです。
好きな人だからこそ、適度な距離感を保ってお互いを尊重しなければならなかったのに。

逆に、学生時代は仲の悪かった父親とは数年前から良い関係を築けています。
きっかけは父が大病をして死にかけたことです。
手術の夜、家族みんなで病室に行きました。病気と手術の負担によって土気色の顔で眠る父を間近で見て、僕はようやく気づきました。家族といえどもずっと一緒に生きられるわけではないのだと。

みんないずれは一人きりで個別に死ぬ。永遠の別れ。
人類が平等に背負ったこの運命は自分の家族にもやって来るんだ、とそのとき初めて知ったのです。
恐れと孤独を感じると同時に、家族に対する温かな感情が湧いてきたのを覚えています。
「家族」だからではありません。今まで一緒に暮らしてきた親しい人々なのに、いつの日か確実に別れなければならない。その悲しみを込めて今を大切にするのです。

ひとりで生きる――この言葉は、実際に一人暮らしをするという意味ではなく、「ひとりでも楽しく生きる覚悟を持つ」という意味で使うべきだと思います。
by jikkenkun2006 | 2007-07-29 23:58 | 週末コラム | Trackback | Comments(10)

自炊を休みました

●昼食:チキンカレー、レタスサラダ@西荻「イレブン」
●夕食:ピザ、ソーセージ、唐揚、など@大崎「ザ・シャノンズ」

 関東地方はすさまじい豪雨でしたね。降り始めたとき、ちょうどカフェで会計を済ませていたところでした。店内がけっこう混み始めていたのに、「カウンターでよろしければ、降り止むまでゆっくりしていってくださいね」と店員さんに声をかけてもらいました。こういうときに人間性が出ますよね。嬉しかったです。
by jikkenkun2006 | 2007-07-29 23:37 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

ブルーベリートーストを食べました

f0084436_23432183.jpg●朝食:ブルーベリージャムトースト
●昼食:野菜とベーコンと鶏肉の煮込み、サラダ、オリーブ@西荻「あしかホテル喫茶室」
●夕食:スモークサーモン、生春巻き、カルビオムレツ、など@芝浦「たむく」

 我ながら食欲をそそらない外見のトーストです。冷凍しておいた食パンを久しぶりにひっぱり出して焼いたのですが、賞味期限は5月31日。いくら冷凍保存とはいえ、大丈夫なのでしょうか。不安がよぎります。
by jikkenkun2006 | 2007-07-28 23:43 | 食日記 | Trackback | Comments(2)

『Memo』9月号

f0084436_1253524.gif 男性向けのライフスタイル雑誌『Memo』が、『ダブルキャリア』を紹介してくれました。112ページ目です。趣味が高じて仕事になった、というダブルキャリアの例もあるので、この雑誌の読者にはぴったりなのかもしれません。
by jikkenkun2006 | 2007-07-28 01:25 | 仕事の宣伝 | Trackback | Comments(0)

納豆キムチ目玉焼き丼を作りました

f0084436_111312.jpg●昼食:カオマンガイ、サラダ@西荻「ぷあん」
●夕食:納豆キムチ目玉焼き丼、ねぎわかめ味噌汁

 以前はあまり好きではなかった食材が、20代後半を過ぎたあたりで大好きになることってありませんか? そのひとつがネギ。焼鳥屋などでも嬉しそうにネギを食べている自分がいます。
by jikkenkun2006 | 2007-07-27 23:58 | 食日記 | Trackback | Comments(2)

ソーセージチャーハンを作りました

f0084436_092519.jpg●昼食:ソーセージと卵とネギのチャーハン
●夕食:ソーセージと卵とネギのチャーハン、わかめ味噌汁、キムチ納豆豆腐

 昼も夜も本ばかり読んでいると、頭と体が消化不良を起こしてしまうことに気づき始めました。明るいうちはできるだけ外をブラブラしよう。でも、暑くって無理。冷房の効いた美術館や博物館に行けばいいんですね。今日は、国立科学博物館の「インカ・マヤ・アステカ展」を観て、ファンキーとしか言いようのない神々の像に圧倒されました。
by jikkenkun2006 | 2007-07-26 23:59 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

ドライカレーを食べました

f0084436_2105129.jpg●朝食:ドライカレー
●昼食:ざる蕎麦@渋谷「二合目」
●夕食:赤飯、鳥の唐揚、春巻き、枝豆@西荻の友人宅

 昨日、料理ライターの遠藤さんからいただいたドライカレー。超おいしくて朝から一気食いしてしまいました。辛すぎず甘すぎずしっとりとしていて後味はあっさり。ご飯がすすむなあ。
 カレーがご飯に合うのは当たり前で、「ゴハフード」に認定するまでもありません。それにしても、ドラフード第6号にカレーが選ばれたのは納得いきません。ビールとカレーって合わないだろう。あんまり適当なことをやっていると買収されちゃうぞ!
by jikkenkun2006 | 2007-07-25 21:00 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

清瀬焼きを作りました

f0084436_23554055.jpg●昼食:おかかおにぎりby西荻「喜多屋」
●夕食:ブロッコリーの海苔和え、あさりのお吸い物、清瀬焼き
●夜食:ねぎとこんにゃくの炒め煮(写真)

 夕方、『食彩浪漫』の企画で、料理編集者・料理ライター・料理カメラマンの恐るべき3名を自宅に招いて「おもてなし」をしました。大宮家伝来の必殺料理・清瀬焼き(手羽先の炒め煮)などを作って全力で接待したのですが、思わぬ失敗をしてしまいました。詳しくは9月発売の10月号をご覧ください。ああ、最初からやり直したい……。
by jikkenkun2006 | 2007-07-24 23:51 | 食日記 | Trackback | Comments(0)