<   2009年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

イカスミ塩辛ご飯を食べました

f0084436_471330.jpg●昼食:イカスミ塩辛ご飯
●夕食:キャベツサラダ、マカロニグラタン、ピザ、など@荒木町「月の蛙」

 誰からもらったのか忘れてしまいましたが(失礼)、イカスミ塩辛、おいしいです。真っ白なご飯が真っ黒に…。
by jikkenkun2006 | 2009-09-30 23:58 | 食日記 | Trackback | Comments(2)

ほっけの干物を焼きました

f0084436_1132494.jpg●昼食:カレー
●夕食:ほっけの干物、たまねぎと松山揚げの味噌汁

 魚の干物、あまり購入したことがなかったんですけど、安くて美味しくて健康的で調理が簡単ですね。やっぱり日本人は魚だな…。親からもらったカボスをかけて食べました。
by jikkenkun2006 | 2009-09-29 23:58 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

カレー+目玉焼きを食べました

f0084436_22235673.jpg●朝食:カレー+目玉焼き
●昼食:ミックスサンドイッチby西荻「セブンイレブン」
●夕食:アボカドとマグロのワサビマヨネーズ、舞茸のピザ、鶏飯、など@渋谷「ネルヤ」

 昨夜のカレーに半熟目玉焼きをのせて食べました。黄身をカレーに混ぜ混ぜするとトロリと食感が変わりますよね。好きだな~。
by jikkenkun2006 | 2009-09-28 22:23 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

バブルに学べ!遊ぶ力

f0084436_749563.jpg
廣済堂あかつきのWEBサイトで連載中の『バブルに学べ!遊ぶ力』。第十一回は、キャンプやカヌー、稲作サークルまで「外遊び」大好きなおじさんに話を聞いてきました。きっかけは、バブル期に他部署の仕事を勝手に手伝ったことだったそうです。遊びのネタはそこらへんに転がっているんだなあと感じる楽しい取材でした。
by jikkenkun2006 | 2009-09-28 07:49 | 仕事の宣伝 | Trackback | Comments(0)

ハムエッグを食べました

f0084436_7431436.jpg●朝食:ハムエッグ、サラダ、など@小平の実家
●昼食:海苔のパスタ
●夕食:茄子・トマト・オクラのカレー

 実家で老親とNHKドラマ『再生の町』を見ました。財政破綻などの問題はあっても、帰るべき生まれ故郷があるのは幸せですね。埼玉と西東京の町々をフラフラと移り住んできた僕には「安住の地」「揺るぎない共同体」はあるのでしょうか。我が身を振り返ることができるドラマでした。
by jikkenkun2006 | 2009-09-28 07:43 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

キムチ鍋を作りました

f0084436_16191257.jpg<9月27日>

●朝食:キムチ鍋
●昼食:ラザニア、焼肉、焼き豚、ポテトサラダ、おにぎり@練馬の友人宅
●夕食:イカの刺身、など@小平の実家

 前夜の鍋にキムチを投入したら、酸っぱすぎて食べられませんでした。賞味期限を2週間も過ぎたキムチってダメなんでしょうか。煮たら大丈夫だと思ったのですが。食材を無駄にすると、心が暗くなりますね。
by jikkenkun2006 | 2009-09-27 16:19 | 食日記 | Trackback | Comments(6)

コンプレックス→エンターテイメント

こんばんは。大宮です。
ときどき会社員がうらやましくなります。
ボーナスの時期だけではありません。人事評価があるからです。
最近は、上司から一方的に査定されるだけでなく、まずは自己採点をして上司評価とすり合わせることが多いらしいですね。いいなあ。
今の自分がどの地点にいるのか、今後はどういうキャリアを築いてゆきたいのかを言葉にすると、明日からの働き方も微妙に変化してくるような気がします。明確で納得のいく目標には、それだけの力があると思います。人事評価、うらやましいなあ。

フリーランスの僕には上司はいないので、自主的に目標というか自分像を設定するしかありませんね。
この場を使って書いてみたいと思います。僕の上司になった気持ちで読んで下さいね。

最近、よく読んでいるWEB連載に「乗り移り人生相談」というコラムがあります。
プレイボーイ誌の元編集長が、深い親交があった作家たちの言葉を借りて、読者の人生相談にのるという内容です。キレイ事抜きの断言が多いので毎回楽しく読んでいます。
先日の記事では、筆者自らのどもり癖を告白しながら、「コンプレックスを武器に変えろ」という温かいメッセージがありました。

僕は人生相談というよりも仕事上のヒントがもらえたような気がしました。
そうだ、俺は「コンプレックス」をテーマにして企画・取材・執筆をしていけばいいのではないか、と。

2年ほど前、僕はこんな決断をしました(決断というほどのオオゴトではないのですが…)。
ビジネスノウハウなどの実用中心の記事ではなく、エンターテイメント重視の文章を書いていく、と決めたのです。
その影響で仕事量は減ってしまいましたが、迷いながらも少しずつ企画を立てたりして今に至ります。
ただし、貯金残高をにらみながら必死でやってきたので、「具体的にどんなエンターテイメントを目指すのか」を俯瞰して考えることはありませんでした。

今日、この文章を書きながらなんとなく見えました。僕が最も興味があるのは、自分と他者との関係なのです。特に、劣等感や優越感というあさましい感情になぜか面白みを感じてしまいます。
その感情に溺れるのではなく、言葉で表現することで、笑ったり泣いたりしながら昇華したいのだと思います。
だから、失敗話を素直に告白してくれる人が好きですし、自慢話をしちゃったことを後から恥ずかしがるような人と友だちになることが多いんですよね。

で、最近はコンプレックスを仕事のテーマにしていたことに改めて気づきました。

●結婚していないというコンプレックス→「ボク様卒業への道 ロスジェネ既婚男のつぶやき
●ロストジェネレーションだというコンプレックス→「バブルに学べ!遊ぶ力
●会社員(組織人)は務まらなかったというコンプレックス→「キリンビール工場長インタビュー

なんだかウジウジしてる記事ばっかりですね。でも、いいのです。自分が読んでいて面白いから。
「後ろ向きなことを言わずにポジティブに生きようぜ」なんて安易に語る元サッカー選手とは縁遠い世界でけっこうです(運動音痴だというコンプレックスもいずれ企画にしますね)。

個人として生きることが当たり前となり、家族を含む他者との関係を「自己責任」で決めなければならない現代社会では、己のコンプレックスに無自覚でありながら人間として高く生きることは難しいでしょう。
例えば、経済面でのコンプレックスをきちんと客観化できれば、収入だけにこだわらずに職業やライフスタイルの選択ができるはずです。

振り返ってみれば、僕は幼い頃からコンプレックスの塊でした。「なんであいつばっかりモテるんだ」とか「生まれ変わってキムタクになりたい」などとグジグジ思いながら生きてきました。
時間とエネルギーの無駄遣いだとばかり思っていたコンプレックスが、いま、仕事の「核」として燦然と輝き始めたのを感じています。

僕が抱えるコンプレックスを多くの人(読者)と共有し、「俺もお前も劣等感まみれの情けない人間だね」と慰め合い笑い合いながら、少しずつでも客観視して、最終的には一緒に救われようぜ、という壮大な目標なのです。なんだか宗教家みたいになってきたな…。まあ、いいや。とにかくがんばります!
by jikkenkun2006 | 2009-09-26 00:22 | 週末コラム | Trackback | Comments(4)

残り野菜で鍋を作りました

f0084436_236587.jpg●昼食:納豆高菜ご飯
●夕食:残り野菜の鍋

 ワンルームマンション用の小さな冷蔵庫をいまだに使っているので、すぐに満杯になってしまいます。食材を捨てたくはないので、日常的なチェックと消費が欠かせません。今夜は、一挙に解決すべく鍋を作りました。おお!野菜がどんどん減っていく~。
by jikkenkun2006 | 2009-09-25 23:06 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

納豆鍋を作りました

<9月24日>

●昼食:納豆鍋、ぼたん鍋
●夕食:鱧とやりいかの刺身、いちじくのゴマ酢かけ、秋刀魚のポン酢かけ、からすみ、サラダ、生麩のみそ焼き、じゃこ山椒ご飯、など@中目黒「尾崎」

 のりぴー事件と政権交代で週刊誌の売上げが伸びているそうですね。普段は『SPA!』しか読まない僕も、『週刊文春』、『週刊現代』、『AERA』、『週刊金曜日』などを買ってしまいます。すると、特集記事よりもおもしろいコラムなどを発見して、翌週も買いたくなります。なかなかの出費です。図書館で読もうかな…。
by jikkenkun2006 | 2009-09-25 12:05 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

シンプルラタトウュを食べました

f0084436_23231265.jpg●朝食:シンプルラタトウュ、野菜の塩水漬け、大根とえのきの味噌汁@片品の家
●昼食:わかめおにぎり、シソ納豆巻きby西荻「セブンイレブン」
●夕食:林さんのみ、チョリソー、茄子の味噌炒め、など@新宿「どん底」

 自宅以外の台所で料理するときに欠かせないのが、時川真一『塩だけだから、美味しい料理』(東京地図出版)。何度も作っている「シンプルラタトウュ」は完成に近づいたと言ってもいい味に仕上げることができました。ただ、初めて作った「野菜の塩水漬け」は、塩分量が少なすぎたようで味が薄い…。またチャレンジしようと思います。
by jikkenkun2006 | 2009-09-23 23:23 | 食日記 | Trackback | Comments(0)