<   2010年 01月 ( 39 )   > この月の画像一覧

「女遊び」というより「女しゃべり」がしたい

こんばんは。大宮です。
中学生ぐらいのときに自分は「ムッツリスケベ」であることに気づき、大学時代の後半になって「女好き」だと開き直りました。
正確には、女性そのものではなく、女性にちやほやされることが好きなんです。お世辞でもいいので「大宮さん素敵ね」と慰めてもらえると、淡い性欲混じりの喜びに満たされ、明日もがんばって働く気持ちが高まります。
子どもの頃はスナックでママさんに甘える中年男性たちを理解できなかったのですが、33歳の今、その仲間入りをしつつある自分がいます…。

ただし、最近は、女友達とのとりとめのないおしゃべりをすること自体が楽しいことを発見しました。
男同士の会話だと、「どちらが強いか賢いか」という競争心を払拭することができず、常に少しだけ緊張しています。また何らかの目的(お互いに必要な情報を交換する、知的好奇心を満たす、など)を持った会話になる傾向が強くなりがちです。
これはこれで前向きで有益なコミュニケーションなのですが、体のどこかで欲求不満が溜まっていきます。

で、女友達(妻を含む)もしくは女性的な男友達(ゲイという意味ではありません。おばさんみたいな男性っていますよね)との会話を思い起こすと、純粋というか無目的なコミュニケーションをしていることに気づきます。「この漬け物を食べるとお酒が飲みたくなるね」「おばあちゃんの具合が心配なの」「イスタンブールにいつか行ってみたい」「このところ西荻の南口が熱い」「まんじゅうを半分ずつ食べよう」など話題は何でもいいのです。おしゃべり自体が目的なのだから。
「女遊び」のときは自らの性を意識しますが、こういう「女しゃべり」のときは自分が男性であることを忘れて、ワイワイキャーキャー盛り上がってしまいます。

いつの頃からか、僕はコミュニケーションに「目的」や「利益」を求めるようになっていました。
仕事や生活に役立つ情報を確保するため、モテるため、自分を高めるため、などなど。
でも今は、衣食住と同じレベルで、コミュニケーションも「体に必要なもの」だと感じ始めています。そのヒントと解決策は、「男しゃべり」でも「女遊び」でもなく、「女しゃべり」にあるのではないでしょうか。
by jikkenkun2006 | 2010-01-31 19:44 | 週末コラム | Trackback | Comments(5)

ピラフを作りました

f0084436_19473933.jpg●昼食:ハム野菜炒め、小松菜とえのきの味噌汁
●夕食:ピラフ、小松菜と葱の味噌汁、厚揚げの煮物

 先日、失敗してしまったピラフをリベンジで作りました。焦らずゆっくり調理してちゃんと味見すれば大丈夫ですよね。
by jikkenkun2006 | 2010-01-31 19:43 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

ハム野菜炒めを作りました

f0084436_22415289.jpg●朝食:お茶漬け
●昼食:ルーローハン、スープ@西荻「ぷあん」
●夕食:ハム野菜炒め、小松菜とえのきの味噌汁

 様々な食材が少しずつ余っています。白菜、小松菜、葱、ハム、えのき、たまねぎ、じゃがいも…。ダメにしてしまうことだけは避けたいので、必殺の「肉野菜炒め」を実施しました。ごま油で炒めて、にんにく醤油で味付け。うん、悪くない。自分用の料理ならこれで十分です。
by jikkenkun2006 | 2010-01-30 22:42 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

ランチ会をしました

f0084436_21571479.jpg●昼食:肉じゃが、わかめと長いものナムル、にんじんサラダ、フリッター、えのきの豚バラ巻き、など
●夕食:刺身、アジの干物、お茶漬け、など@八重洲「玄海灘」

『きょうの料理ビギナーズ』の取材で、料理研究家のみない氏、カメラマンの宗田氏、編集者のK氏と毎月自宅で会っています。ちょうど昼時なので、取材後に持ち寄りランチ会をすることになりました。望むところです。でも、食べ過ぎる~。
by jikkenkun2006 | 2010-01-29 21:57 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

バブルに学べ!遊ぶ力

f0084436_1342029.jpg
廣済堂あかつきのWEBサイトで連載中の「バブルに学べ!遊ぶ力」。残すところあと2回になりました。第18回に登場してくれたのは、ナチュラルボーン着道楽の女性です。ユニクロ全盛、百貨店冬の時代と逆行するような内容です。読んで笑って買い物しましょう!
by jikkenkun2006 | 2010-01-29 13:42 | 仕事の宣伝 | Trackback | Comments(0)

いろいろ作りました

f0084436_18255.jpg●昼食:蟹肉炒飯、スープ@新宿「礼華」
●夕食:カルド・ヴェルデ(ポルトガル風じゃがいもスープ)、にんじんとレタスのサラダ、ブロッコリーの海苔和え、えのきの豚バラ巻き、ピラフ

 学生時代からの親友が夫婦で遊びに来てくれました。料理をがんばらなくちゃいけませんね。2時間ほどかけていろいろ作ったら疲れ果て、肝心の会食中は無口になってしまいました。これじゃ元も子もありません。写真も撮り忘れるほど必死だったし、食材も料理も余ってしまいました。心なしかどの料理にも味のキレがなかった気もします。僕の料理能力レベルでは3品ぐらいに入魂すべきだったと反省しています。
by jikkenkun2006 | 2010-01-28 23:58 | 食日記 | Trackback | Comments(2)

アジのゆず〆を作りました

f0084436_043922.jpg●昼食:納豆ご飯
●夕食:アジのゆず〆、潮汁、にんじんの梅酢漬けとレタスのサラダ

 ゆずをいただいたので、時川真一『塩だけだから、美味しい料理』(東京地図出版)より「アジのゆず〆」を作りました。アジをさばくのが下手でちょっと生臭くなってしまいましたが…。また挑戦したいです。
by jikkenkun2006 | 2010-01-27 23:58 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

野菜スープを作りました

f0084436_23195210.jpg●昼食:野菜スープ
●夕食:ヤムウンセン、ホイトートー、など@西荻「ぷあん」

 古くなりかけた野菜はスープにしちゃえばいいんですね。楽々!
by jikkenkun2006 | 2010-01-26 23:19 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

納豆キムチ目玉焼き丼を食べました

f0084436_23265016.jpg●昼食:納豆キムチ目玉焼き丼
●夕食:セビーチェ、じゃがいものチーズソース、鶏肉の香菜焼き@渋谷「ミラフローレス」

<秋の風乞食は我を見くらぶる、と詠んだとき、一茶は胸郭の中で、ひびきあう哄笑の声を聞いた気がしたのだった。自嘲の笑いだった。成美は一茶の句の変化を面白いとも言ったが、それよりはむしろ懸念のほうを語りたかったように見えた。
 成美は正確に見ている、と一茶は思う。新しい傾向の句は、句の巧拙を越えて、内側から押し出してこようとする。押さえきれずに衝きあげてきて、時にはほとんど句のあるべき形さえ破ろうとするのである。成美のお気に召さなかったのは当然だった。>(藤沢周平『一茶』文春文庫)

 江戸時代に活躍した小林一茶。俳諧師って、現代のフリーライターみたいなものでしょうか。野心、情熱、自負、焦り、嫉妬、屈辱、哀しみ、孤独。そして生まれる自嘲の歌。かなり暗いトーンの小説なのになぜか励まされます。しばらく藤沢周平にハマりそうです。
by jikkenkun2006 | 2010-01-25 23:26 | 食日記 | Trackback | Comments(3)

『きょうの料理ビギナーズ』2月号

f0084436_2343312.jpgNHKテキスト『きょうの料理ビギナーズ』。僕は一番後ろの読み物ページ「ビールーム」でいくつか記事を書いています。「脱ビギ!」という企画は、スパルタ優しい料理研究家の川上文代さんにマンツーマン指導をされるという贅沢かつ恐ろしい内容です。今回のお題は「冬野菜の洗い方」。ねぎ、大根、ほうれんそう。合理的な洗い方を実践している自信はありますか? 僕は小さな自信をみじんに打ち砕かれてきました…。
by jikkenkun2006 | 2010-01-24 23:04 | 仕事の宣伝 | Trackback | Comments(0)