<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

菓子パンを食べました

f0084436_19415642.jpg●朝食:天使のチョコリング
●昼食:カオマンガイ、スープ@西荻「ぷあん」
●夕食:焼き鯖定食@西荻「大戸屋」

 こないだの出版記念イベントで差し入れてもらった「天使のチョコリング」という菓子パンとその亜種を朝食でいただきました。かなりボリュームがあるので、小分けして冷凍していただいております。いい感じに血糖値が上がる! 今日は比較的よく働けました。
by jikkenkun2006 | 2011-05-31 19:42 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

実家で食べました

f0084436_18451234.jpg●昼食:おじや@小平の実家
●夕食:橘家のお弁当by西荻「セブンイレブン」

 昨夜は雨の中を実家に帰り、新刊の報告をして、寝ました。昼過ぎに起きて、栄養たっぷり(な気がする)おじやを食べさせてもらいましたよ。
by jikkenkun2006 | 2011-05-30 18:45 | 食日記 | Trackback | Comments(2)

納豆キムチ目玉焼き丼を食べました

f0084436_22284330.jpg●朝食:わかめと豆腐の味噌汁
●昼食:オムライス、サラダ@代官山「Sign」
●夕食:サンドイッチ、納豆キムチ目玉焼き丼、ペンネ、ジャガイモカレー風味、トマトサラダ、など@代官山のイベントスペース

 15時~20時までという長丁場で、来週火曜日発売の新刊『あした会社がなくなっても生きていく12の知恵』(ぱる出版)の出版記念イベントをやりました。雨の降る中70名近くも来てくれて、「みんな付き合いがいいな…」と感じました。持つべきものは付き合いのいい仲間ですよね。会場をぐるぐる回りながら、全員とおしゃべりしまくっていたら終わりの時間になってしまいました。楽しかったな。
 料理は、本の中にも登場してくれるモコメシさん作。イベントのコンセプトに合わせて料理を作る人なのですが、今回はなんと僕の最高丼までサプライズで作ってくれました。これって何人分!? 嬉しくて激しくかき混ぜて、みんなに食べてもらいました。
 あと、飲食物や文房具の差し入れもありがとうございます。助かります…。またがんばって本を書いて、こんなイベントをやりたいと思います。
by jikkenkun2006 | 2011-05-28 22:28 | 食日記 | Trackback | Comments(7)

鶏肉とキャベツのバターしょう油炒めを作りました

f0084436_2195847.jpg●朝食:油揚げとピーマンの炒め物、豆腐とわかめの味噌汁、ご飯
●昼食:鶏の一気焼き定食@西荻「becocafe」
●夕食:鶏肉とキャベツのバターしょう油炒め

 いただきもののバターを使えずに困っていたら、「バターしょう油で炒めたら何でもうまいよ」と友人にアドバイスしてもらいました。じゃ、鶏肉とキャベツでもいいのかな。たまに行く八百屋でキャベツを買ったら、定価100円なのに50円にしてくれました。丸ごと1個ですよ。安すぎない? お兄さん、僕のことが好きなの? 料理も小成功でした。マッコリと合う味!
by jikkenkun2006 | 2011-05-27 21:10 | 食日記 | Trackback | Comments(2)

ガリ勉☆甲子園

受験勉強に青春を捧げた者たちを描く連載、ガリ勉☆甲子園。文系受験の最高峰、東京大学法学部出身者が登場します。高校生活の途中まで爽やかな部活動にうつつを抜かしていた男が受験に目覚め、ついには勉強仙人へと変貌していく様子をご覧ください。
by jikkenkun2006 | 2011-05-25 20:42 | 仕事の宣伝 | Trackback | Comments(0)

豆腐と油揚げの味噌汁を作りました

f0084436_2029153.jpg●朝食:豆腐と油揚げの味噌汁、納豆ご飯
●昼食:トマトソースのパスタ@恵比寿「プロント」
●夕食:おかずセット@西荻「ぷあん」

 朝、近所にある豆腐屋に行き、豆腐と油揚げと納豆の「大好き大豆食品3点セット」を購入。ばあちゃんは僕の顔を覚えていてくれて、「あー、兄ちゃんかー」と朗らかに応対してくれます。自分より若い男の客はすべてこうやって呼んでいるのかもしれませんけどね。でも、朝から少しいい気分です。
by jikkenkun2006 | 2011-05-25 20:29 | 食日記 | Trackback | Comments(3)

おじやを食べました

f0084436_20511658.jpg●朝食:おじや
●昼食:納豆巻きby西荻「セブンイレブン」
●夕食:スパイシーポテト、肉じゃが、ラタトゥイユ@恵比寿「メゾンドット」

 昨夜のポトフの汁を残しておき、ご飯を加えて食べました。何か足りない気がする…。
by jikkenkun2006 | 2011-05-24 20:51 | 食日記 | Trackback | Comments(2)

きょうの料理ビギナーズ

f0084436_208577.jpg発売中のNHKテキスト『きょうの料理ビギナーズ』6月号。僕は「流行希望」という飲食物のトレンド予測コーナーと「食べ物マニアーズ」という読み物を担当しています。後者では、NHK出版が誇るマニア社員に無理矢理に登場してもらいました。いったいどんなマニアなのか…。誌面とWEB記事をご覧ください。
by jikkenkun2006 | 2011-05-23 20:09 | 仕事の宣伝 | Trackback | Comments(0)

ポトフを作りました

f0084436_201147.jpg●朝食:塩饅頭2個by綾瀬駅の饅頭屋
●昼食:塩豚カルビ弁当by西荻「セブンイレブン
●夕食:ポトフ、ご飯

 残っていたキャベツとたまねぎに買って来たソーセージを加えてポトフを作りました。普通においしいです。
by jikkenkun2006 | 2011-05-23 20:01 | 食日記 | Trackback | Comments(0)

食事会に誘いたい人

こんばんは。大宮です。
外食というか会食が趣味のようになっています。
その多くが仕事がらみですが、完全にプライベートなランチや飲みも週一ぐらいの
ペースであります。
好きな人たちと会っておしゃべりしながらおいしいものを飲み食いする、
これ以上の喜びが他にあるでしょうか?

お誘いを待っていてもたまにしか来ないので、僕のほうからちょっとした同窓会を
企画したりサシ飲みを提案したりすることが多いのです。お店を探したり予約したり
するのは嫌いじゃないし、たまには自分で料理を作ってしまいますよ。

では、食事に誘いたい人と誘いたくない人はどこが違うのでしょうか。
知人・友人ならば誰でも誘いたいわけじゃありませんよ。
誘いたくない人に関しては5年前にこんな文章を書いたので、今回は食事会に
誘いたい人の3か条を書きたいと思います。

(1)返事が早くて約束を守る人
いつも一緒に行動するような「親友」はいない僕ですが、3ヶ月に一度ぐらいの
ペースで映画を一緒に観たりパスタを食べに行ったりする友だちがいます。
彼は海外営業の仕事をしているので、ときどき日本から離れているのですが、
お誘いメールをすると滞在先ホテルからでもすぐに返信をくれます。
で、一度約束したら「急な仕事が入った」程度の理由で約束を破ることは
ありません。待ち合わせに5分遅れるだけでもわざわざメールをくれます。
ちなみに、それは一族の家風らしく、親戚の集まりでは指定時間の1時間ぐらい前に
約束の場所に着いていないとおじいさんなどに叱責されるらしいです。
ちょっとやりすぎな気もしますが、素晴らしい家庭教育だと思います。

(2)喜びや感謝をきちんと言葉に出す人
お店を選んだり家飲みを主催したりすると、「みんな楽しんでくれたかな?」と
気になるものですよね。
「すごくおいしくていい店だね」「今日は本当に楽しい。私、帰りたくない」なんて
笑いかけてくれたり、「忙しいところ企画してくれてありがとう。久しぶりにみんなに
会えてうれしかった」と労ってくれると、気疲れが吹き飛んでしまいます。
たまにはご馳走することもあるのですが、そのときはちゃんと「ご馳走様でした」
という一言がほしいですよね。わざわざ丁寧なお礼メールなんて送ってくる人は
またすぐに良き店に連れて行きたくなります。
逆に、ボランティアで食事会を主催しているこちらの苦労も知らず、会の仕切り方や
料理などに文句をつけてくる人は最悪です。いつだったか、主催者である僕が酔い
潰れて寝ていると思ったのか、「酒が足りないんだよな~」などと陰口を叩いた男が
いました。以来、彼は二度と遊びに誘いません。

(3)会計や片付けなどの「後始末」を気持ちよくできる人
早退や遅刻を理由に会費の値引きを主張する人がたまにいますが、あさましいと
いうか野暮ですよね。「雰囲気を壊してごめん」と余分に出すぐらいがちょうどいいのに。
酔ったふりをして会費を払わずに帰ろうとする人もごくたまにいます。ごまかせると
思ったら大間違いです。そういう人の卑しさはたぶん一生忘れません。
先日、学生時代の友人などと飲み会をして、二次会は僕が払って帰りました。一次会は
「社長」がおごってくれたので、二次会は僕が出してもいいかな、と思ったのです。
すると、後日に一人からメールがあったのです。「こないだの会計をちゃんとしてないので
自分の分を払いたい」と。で、本当に払ってくれました。彼の清潔さと律儀さに少し感動
したのでした。
キャンプやホームパーティなどの場合は、片づけを率先してやる人がありがたいし
素敵だな感じます。見た目が美しくても気が利かずに腰も重い人は魅力が激減しますよね。

以上3点をまとめると、「思いやり」というありきたりな言葉に行き着きます。
自分が主催する側だったらどんな客であってほしいか、を自然と想像できるということですね。
一生懸命に会を主催した人への思いやりや気遣いがある人は、きっとまた新たな食事会に
招かれることでしょう。

ここから話は飛躍しますが、人口減少などによって経済が縮小しつつある今後の日本社会では、
「会社の正社員でありさえすれば給料は伸び続けるので、友だち付き合いや近所付き合いを
しなくても一人もしくは家族だけで生きていける」という従来モデルは通用しなくなると思います。
むしろ、金を使わなくても一緒に楽しく過ごせて有用なモノや情報を交換できる、温かい
人間関係を広くゆるく築くことがますます重要になるでしょう。

仕事がらみでない食事会は、この新しい局面で楽しく生き延びていけるか否かの試金石
なのです。
食事会に誘われ続ける人は仕事能力はイマイチでも生活が豊かになり、少しぐらい金持ちで
仕事ができても食事会に誘われないような人は経済的にも精神的にもだんだん貧しくなる。
そんな時代がすぐそこに来ているような気がします。
by jikkenkun2006 | 2011-05-22 23:58 | 週末コラム | Trackback | Comments(3)